‚̐ì‚́H, ƒAƒtƒŠƒJ‚̃Tƒnƒ‰»”™‚ð’m‚낤FêŠ/‹CŒó/lŒû‚È‚Ç, ƒAƒtƒŠƒJ‚Å—L–¼‚ȃRƒ“ƒS–~’n‚Á‚Ä‚Ç‚ñ‚ȏꏊH“Á’¥‚È‚Ç. アフリカ分割. 19世紀までにヨーロッパ列強によるアフリカ分割が進み、植民地とされていたアフリカ各地で、第二次世界大戦後に独立運動が活発になり、1960年前後に一斉に独立を達成した。 19~20世紀前半に欧州列強によってるアフリカの植民地化が展開され、ほぼ全土を分割された。第二次世界大戦後の1960年代から独立が急増する。 アフリカの原住民の大半は黒人である。しかし、アフリカ北部の原住民は黒人だけとは限らない。アフリカ北部の住民には、古代や中世からアラブ系の人々やヨーロッパから移住した白人たちの子孫も多い。 「アフリカの原住民 → 黒人」(×)という先入観は、間違いである。 黒人が原住民の多くを占める地域は(アフリカ大陸の北部にある)サハラ砂漠(サハラさばく)より南の地域であり、このアフリカ南部の住民には今でも黒人が多く、「ブラックアフリカ」と言われる。 アフリカは、地域によっては … 中世の大航海時代から始まった西洋による植民地政策。19世紀後半から20世紀前半にかけては、いわゆる列強によりアフリカやアジアの多くの国が植民地となった。中国も多…(2020年12月3日 … 植民地アフリカと奴隷の存在を下支えとして繁栄したヨーロッパ各国は、あらためて過去と向き合おうとしている。 プロフィール:Risa Shimowada 東京タワーの麓でアフリカとメンタルヘルスと色々のごちゃ混ぜカフェBlue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカをやっています。アフリカや … 19世紀後半から20世紀前半にかけては、いわゆる列強によりアフリカやアジアの多くの国が植民地となった。中国も多くの土地を列強に分割されたが、日本が植民地化されることはなかった。これはなぜなのだろうか。中国メディアの百家号は29日、この理由について分析する記事を掲載した。 アフリカ分割から始まったアフリカの植民地化は、その後のアフリカの発展や開発に多大な影響を与えました。その影響について詳しく見ていきたいと思います。現在の世界においてアフリカ(一部の北アフリカを除く)は、西洋的なスタンダードで見れば最も発展や アフリカの年(アフリカのとし、英: Year of Africa )は、西暦 1960年の有名な呼び方である。 シャルル・ド・ゴール 大統領の措置によって13カ国の独立が認められたフランスを主に、アフリカ大陸で17カ国が植民地からの独立を達成し、脱植民地化が進んだ。 授業でよく学生に問いかけることの一つに、「ベルギーやフランスでチョコレート生産が盛んなことを、おかしいと思わないか」という質問があります。カカオ豆は熱帯性の作物で、寒冷地の多いヨーロッパではほとんど生産されていません。それにもかかわらず、これらの国でチョコレート生産が一大産業となっているのは、植民地主義の遺産に他なりません。 カカオ豆はもともと中南米原産の作物で、15世紀の大航海時代にス … アフリカが植民地にされたのって随分前だけど、エチオピアだけは1940年くらいまで独立を保ってたといいます。何故でしょう?一言でいえば、僻地だからです。意外に思われるかもしれませんが、スエズ運河が開通するまではヨーロッパからも アフリカが自分たちの力で発展していくためにも、アフリカは統一されなければならない。 熱っぽく語るnさんに、ぼくは徐々に引き込まれていきました。 アフリカはなぜいつまでも貧しいのか−植民地支配と共産主義と内戦 アフリカには、子供に基本的な教育すら受けさせる余裕のない家庭が多く存在します。 子供の基礎教育を政府プロジェクトに掲げている地域もあるにもかかわらず、多くの地域で学校が不足しており、また学校があっても家から遠く、さらに家庭が貧しいために幼い子供たちが家の仕事に従事させられていたりと、教育の機会が奪われてしまっているのです。 結果、アフリカ諸国のなかには識字率が非常に低い国や、基礎的な教育や知識が足りないために、単純労働以下の仕事しか得られず、貧困が貧困を呼 … アフリカが植民地にされていた理由は? アフリカに残るヨーロッパによる植民地支配の影響は? アフリカの旧宗主国と今なお残る影響とは? アフリカ諸国が独立できた理由とは? アフリカの神話上の生物がヤバすぎる… アフリカで有名な神話って何? アフリカはヨーロッパの南に位置し、大陸中央には赤道が通っており熱帯や乾燥帯の地域が広がっています。 その気候のため熱帯雨林で高温多湿な地域がギニア湾岸からコンゴ盆地にかけて広がっています。また、北はサハラ、南はカラハリ砂漠が広がっており特徴的な土地です。 面積はおよそ3026万k㎡であり、この中には島国を合わせ54もの国(国連加盟国)が存在しています。 国々の人口を合わせるとアフリカだけで9.5億人(20… アフリカ分割(アフリカぶんかつ)とは、1880年代から第一次世界大戦前の1912年までにかけて、ヨーロッパの帝国主義列強によって激しく争われたアフリカ諸地域の支配権争奪と植民地化の過程のこと。 そのためアルジェリアの植民地支配は、アフリカの他の地域と比べてもさらに過酷だった。本国から遠く離れ環境もきびしいブラックアフリカで� かつて同国が、アフリカから中東にかけての広大な地域を植民地支配していたことが背景としてある。 しかしながら、イスラム教徒の移民を受け アフリカ分割から始まったアフリカの植民地化は、その後のアフリカの発展や開発に多大な影響を与えました。その影響について詳しく見ていきたいと思います。, 現在の世界においてアフリカ(一部の北アフリカを除く)は、西洋的なスタンダードで見れば最も発展や開発が遅れている地域と言え、そこには多くの失敗国家や貧困国が存在します。, そして、このアフリカの状況を詳しく見ていくと、その原因の一つとして1、9世紀後半から20世紀初頭にかけて起こった「アフリカ分割」に始まるアフリカの植民地化が影響していることが分かります。, そのアフリカ分割によるアフリカ植民地化の影響は、現在のアフリカの発展や開発にどのような暗い影を落としたのか?, 19世紀後半、帝国主義を土台に世界中へ領土を拡大していたヨーロッパの列強による、アフリカ諸地域の支配権奪取または植民地化を目的とした激しい争いが始まり、ほどなくして、ベルリン会議(1884年~1885年)の合意に基づき、アフリカが分割されることになりました(アフリカ分割:1880年代から1914年まで)。, リベリアとエチオピアを除くアフリカ全土がたった7つのヨーロッパ列強によって分割され、そして支配されたのです。, アフリカには多様な民族言語グループが存在していたにも関わらず、そのことを無視して、ヨーロッパの列強は、自国の政治または経済的意図に沿った形で勝手に境界線を引いてアフリカを分割し、20世紀後半まで続くアフリカの植民地化が始まっていきました。, アフリカの大地は、分割されてヨーロッパ列強の植民地となったわけですが、リベリアとエチオピアは例外でした。, まずエチオピアに関して言うと、エチオピアは当時、二度に渡ってイタリアの侵攻を受けましたが、1896年3月2日の「アドワの戦い」で、エチオピア軍がイタリア軍を破ったことから、ヨーロッパ列強によるアフリカ分割を乗り切ることが出来ました(1930年代になってその一部が占領されるまでエチオピアは独立国家を維持した)。, 一方のリベリアは当初、アメリカ植民地協会(ACS)が経済的な支援と援助を行い、アメリカやカリブ海地域から移住させられアフリカへ帰還した黒人解放奴隷によって設立された領地であったため、アメリカの保護領となっており、アフリカ分割に巻き込まれることはなかったのです。, アフリカ分割から始まったヨーロッパによるアフリカの植民地化は、アフリカの発展や開発へ大きな影響を与えました。, 植民地化により、政治、経済、文化面で多大な影響を受け、金、ダイヤモンド、天然ゴムなどの天然資源が減少した結果、アフリカは政治的、そして社会的にも荒廃していきました。, ヨーロッパの列強はまた、人種の概念(差別的な意味合いで)をアフリカに持ち込み、それが南アフリカのような地域で人種差別的なアパルトヘイトが起こったり、アフリカ文化に対する抑圧が起こったりするきっかけになったと言えるでしょう。, 19世紀後半には、数時間のうちに何千人ものスーダン人がイギリスによって殺害され、コンゴに侵攻してこの地を支配したベルギーが、「ノルマが達成できなかった」ことを理由にして、現地のゴム農園で働くアフリカ人の手を切り落とすような残虐行為も起こりました。, 民族言語グループに関係なく同じ地域に組み込まれ、他者との差別に繋がる「人種」の概念が入ってきた結果、異なる民族感で、特定の地域における支配権争いやライバル関係が発生して悪化し、以前は問題なく共存していたアフリカ人同士がお互いに争うようになってしまったのです。, この争いが最高潮になった結果、コンゴ、スーダン、そしてルワンダ虐殺といった大量虐殺の悲劇を生み出してしまいました。, そして、このアフリカの植民地化による影響は、今日でもなお色濃く残り、アフリカ大陸の国々は経済面、環境面、政治面で不安定な状況にあり、社会的な危機状態が蔓延しています。, アフリカ分割か始まって20世紀後半まで続いたヨーロッパ列強によるアフリカの植民地化の影響を、上記では大まかにまとめてみたわけですが、ここからは、その影響をもう少しポイントごとにわけて簡単に見ていきたいと思います。, 同じ文化背景や言語背景を共有していた民族言語グループの人々が分裂させられてしまった結果、アフリカの地域によっては、コミュニティの連帯が弱まってしまったり、コミュニティの存在自体がなくなってしまったところもあります。, アフリカ分割の時代、ヨーロッパから来た植民地主義者たちは、アフリカの地に住んでいた人々のことは全く気にもとめていませんでした。, 部族社会は崩壊し、コミュニティは分裂させられ、宣教師たちはアフリカ人がそれまで行ってきた慣習を遅れているとして止めさせました。, このように自分たちの「やり方」を押し付けてくるヨーロッパ諸国に対して、時に抵抗するコミュニティもありましたが、村が焼き払われるなどして結局は抑え付けられてしまいました。, また西アフリカでは、フランスがアフリカ人を自分たちの文化へ同化させ、「アフリカ人に現地を統治させながらも、裏ではフランスが影響を与える」といった、いわゆる間接統治を行いました。, この結果、現地のアフリカ人達は、自らの言語、信仰、文化を捨て、フランス流のやり方を採用し始め、自分たちの文化を失っていってしまったのです(それでも殺されてしまうよりはましだったのでしょう)。, ヨーロッパで産業革命が根づき、それと同時に奴隷貿易が禁止された結果、アフリカ諸国を工業製品の原材料の供給地として囲い込もうとしたのが、アフリカ分割開始の根底でした。, そのため、アフリカにやってきたヨーロッパ列強は、ただアフリカを分割して植民地化したのではなく、同時に、自国の産業に活用できる原材料を探し求めたのです。, そして、アフリカ諸地域で見つかった天然資源はヨーロッパ列強に略奪され、今もなおその影響は残っています。, アフリカ諸国を支配したヨーロッパ人達は、天然資源の多くをほとんど無償で手に入れ(輸送や輸出などにはコストが掛かってはいたが)、さらに、現地の労働力を非常に安く使っていました。, その結果、各地域を支配する支配者達は莫大な利益を上げてどんどん富んでいくのに対して、現地のアフリカ人達はいつまでたっても貧しい生活を強いられてしまったのです。, そしてこのことはまた、現在まで続くアフリカの貧困状態を作ってしまった原因の一つであると言えるでしょう。, もともと住んでいた土地から強制的に移住させられて土地を失った多くのアフリカ人は、手狭な植民地域に集中的に押し込まれることもありました。, この結果、多くのアフリカ人達の生活環境は劣悪化し、伝染病が広まり、幼い子供などは特に命の危険に晒されました。, 一方で、ヨーロッパの植民地支配者たちは莫大な土地を手に入れ、生活は以前にも増して豊かになっていきました。, アパルトヘイトの下で起こった、「全人口の15%しか白人が占めていなかったのにも関わらず、南アフリカの80%以上の土地を所有していた」という状況は、これを代表していると言えるでしょう。, アフリカの植民地化の影響はまた、アフリカ諸国が抱える「負債」と、「アフリカ人同士の間に起きている土地格差」の二つの問題を引き起こした点も忘れてはいけません。, アフリカへやってきたヨーロッパ人は、アフリカ人の多くを元々住んでいた土地から強制移住させた一方で、ヨーロッパ人は土地の多くを手に入れたことは先述した通りです。, アフリカ諸国は十分なお金を持ち合わせていなかったため、宗主国のヨーロッパから土地を買い戻すために借金をしなければなりませんでした。, 多額の負債を負いながらもアフリカのいわゆる「政府」は、土地を買い戻したわけですが、現在、その「政府(独裁政権や管理をまかされたアフリカ人たち)」がすべての土地とは言わないものの、ほとんどの土地を所有しています。, 結果、アフリカの土地の多くは「政府」の関係者や一族、つまり、ごく限られた少数の人々の手に集中してしまったのです。, 一方のアフリカには、「まさに農業改革が始まったばかりの段階にある」といったコミュニティが存在していました。, そういったコミュニティでは、家畜を所有し、農業を始めたばかりだったのです。また、物々交換から、簡易的な通貨(貝殻、玉、金など)を使った商取引へと移行し始めたところでした。, つまり、アフリカで未成熟ながら「自分たちによって」経済発展の離陸が起こり始めていたところを、ヨーロッパの列強諸国に台無しにされてしまったとも言えるのです(※ヨーロッパによって持ち込まれた近代化が経済をより発展させたとする意見もあるが)。, ヨーロッパに植民地化された結果、本来は全く関係ない戦争へと多くのアフリカ人達が駆り出されました。, 何十万人ものアフリカ人が「まるで選択肢があるかのごとく」、第二次世界大戦に自主的に参戦して戦うように命令され、それに従わない者は強制的に戦場へ行かされました。, アフリカ諸国が独立をしていき脱植民地化が進んだ後、ヨーロッパ諸国はもはや欲しいままに旧植民地から搾取することはできなくなり、アフリカ人はヨーロッパ人と商取引を行えるようになりました。, そのため、常にヨーロッパ側が有利になるような状況が続いて健全な競争がなくなり、これが、アフリカの地元産業の発展や開発を抑制することになります。, さらに、旧植民地に留まることを選択した植民地開拓者(白人)たちには、免税や、植民地時代に手に入れた莫大な土地の所有が認められるなど、優遇措置が講じられていました。, このように、植民地時代の後(ポストコロニアル)においても、かつての宗主国がかつての植民地へ影響力を行使し続けることが出来た状態は「新植民地主義」と呼ばれます。, アフリカの植民地化がアフリカに与えた影響として、通常「悪影響」が挙げられることがほとんどですが、中にはいくつかのポジティブな影響が挙げられることもあります。, ヨーロッパによるアフリカの植民地化がアフリカの発展や開発に与えた影響には、さらに別な視点からの意見も多く存在しますが、今回挙げた影響も一つの参考としてみてください, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。. アジア諸国でも植民地にされた国・地域は多いですが、アフリカほど根本的に搾取されたところはほぼ皆無ではないでしょうか。こうした歴史的・文化的要因からアフリカはアジアほどの発展を見ていない … アフリカでは植民地支配の開放から適当に引かれた国境などが原因で、 民族間の紛争が起きている地域が今でも存在します。 そのため、悲しいことに 15歳に満たない子どもたちが戦闘員として銃を持つこと は少なくありません。 【ホンシェルジュ】 19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ列強による「アフリカ分割」がおこなわれました。どのような背景があったのでしょうか。この記事では、分割がおこなわれた理由や各国の紛争、影響などをわかりやすく解説していきます。 世界地図でアフリカ大陸を見てみると直線的な国境が多く見受けられます。どれもこれも第一次世界大戦前までのヨーロッパ各国による 植民地支配の名残で、これが現在でもアフリカ各国で起きている民族紛争や政治情勢の不安定化に繋がっています。 前回の記事で、「世界でもっとも安全なはずのヨーロッパでテロが頻発するようになった理由はさまざまだろうが、私の理解では、その深淵には� 多国籍企業のメリットとデメリットを見ていきます。世界経済の主要プレーヤーである企業が生み出す利点や問題点を探っていきましょう。 世界には多くの大企業がありますが、その大企業の多くは複数の国をまたいで事業活動をしている多国籍企業... アフリカ大陸の西側に位置するナイジェリアは、アフリカ最大の人口を抱え、また、アフリカ経済のおよそ1/4を占める経済規模を持つ国として知られます。 ナイジェリアに住むナイジェリア人の平均身長を解説します。 ナイジェリアの平均身... 東アフリカのケニアには、国際連合環境計画と国際連合人間居住計画の本部があるなど、同国は東アフリカにおける主要国の1つです。 ケニアに住むケニア人の平均身長を、男性と女性に分けて簡単に確認していきます。 ケニア人の平均身長はど... ディンカ族を知っていますか?高身長で有名な南スーダンに多く居住している民族です。ディンか族について詳しく見ていきます。 人類発祥の地と言われるアフリカは広大で、そこには非常に多くの民族背景を持った人が入り混じっています。 ... ピグミー族は身長が低い民族のことで、通常はアフリカにいる特定の民族集団を指します。いくつかの画像と一緒に、ピグミー族について詳しく確認していきましょう。 「ピグミー」とは「小さい」と言う意味を持つ言葉で、世界には「ピグミー」が... サバンナの動物14種を一覧にして紹介していきます。アフリカのサバンナに暮らす生き物の名前や、それぞれの特徴などを確認していきましょう。 アフリカと聞くと、壮大に広がるサバンナにアフリカ大陸ならでは野生動物が点々とする光景を思い... リベリアとエチオピアを除くアフリカ全土がたった7つのヨーロッパ列強によって分割され、そして支配された, 異なる民族感で、特定の地域における支配権争いやライバル関係が発生して悪化し、以前は問題なく共存していたアフリカ人同士がお互いに争うようになってしまった, ヨーロッパから来た植民地主義者たちは、アフリカの地に住んでいた人々のことは全く気にもとめていませんでした, ゆえに、ヨーロッパの宗教、政治・社会制度、言語、文化を与えることは、アフリカ人の文明化のためにも良いと正当化できる, 支配者達は莫大な利益を上げてどんどん富んでいくのに対して、現地のアフリカ人達はいつまでたっても貧しい生活を強いられてしまった, 多くのアフリカ人達の生活環境は劣悪化し、伝染病が広まり、幼い子供などは特に命の危険に晒されました, 、アフリカで未成熟ながら「自分たちによって」経済発展の離陸が起こり始めていたところを、ヨーロッパの列強諸国に台無しにされてしまった, (※ヨーロッパによって持ち込まれた近代化が経済をより発展させたとする意見もあるが), ヨーロッパ諸国はもはや欲しいままに旧植民地から搾取することはできなくなり、アフリカ人はヨーロッパ人と商取引を行えるようになりました, アフリカ植民地化(アフリカ分割)の影響とは?現地の発展や開発はどのように左右されたのか?のまとめ, 植民地化されたおかげで、アフリカ人は読み書きを習い、国際スタンダードで見る学力の向上が実現した。, ヨーロッパがすでに開発した技術が持ち込まれた結果、アフリカがわざわざ開発する必要はなかった, 呪術師やシャーマンに診てもらったり、動物を犠牲にしたりするなど、非科学的な手法ではない科学的な根拠に基づいた治療が可能になり、多くの命が救われるようになった. アフリカの国境線が直線なのはどうしてでしょうか。 アフリカの国々の国境に直線が多い理由は、緯線や経線を国境にしているからです。 アフリカの国々の国境線が緯線や経線になっているのは、列強国の植民地とされてきたアフリカの歴史が大きく関係しています。 国境の決まり方には大きく分けて2種類あります。 山・川・湖などの自然の地形を利用したものと、話し合いによって緯線や経線を利用して決めたものです。 アフ … アフリカの国旗に緑・黄・赤が多い理由 現在のアフリカ大陸の国々の国旗には緑・黄・赤が使われたものが多く、その国の数は約20ヵ国に上る。 この三色にはアフリカの植民地の歴史と深い関 … アフリカ以外でもトルコ沖ドデカネス初頭、清王朝の天津租界などを獲得し、イタリア植民地帝国を築き上げたのです。 しかし皮肉なことに、イタリアが植民地獲得に動き出した時代には、すでに植民地経営で儲かる時代は終わっていました。 アフリカは植民地となり、白人は農園を開き、現地の人間を労働力として安く使い、生産された利益はすべて白人、つまり欧米諸国に吸い取られました。ここで社会の構造が現地の人を安い労働力としてのみ固定してしまいます。 アフリカ諸国の独立/アフリカの年/1960年.