アンケート結果を効果的に活用するためのエクセルを使った集計方法をご紹介します。COUNTIFやSUMといった基本的なものだけではなく、目的に合った関数や機能を利用することで、データをより効率的に集計し、効果的に活用することができます。 テキストマイニングは専用ツールやソフトウェアを使わなくても、やり方を工夫すればエクセルでも可能です。エクセルなら無料で使えるので、手軽にテキストマイニングができるでしょう。しかし、関数を覚える必要があり、難しいと感じるかもしれません。 今回の例では、店頭で実施しているお客様アンケートの結果を分析してみます。 この例では携帯電話の新商品の開発コンセプトを検討していますが、画面の大きさ、カメラの画素数など重視するポイントはたくさんあります。 自由記述アンケートデータの分析 3.1 対象データ・データ収集方法 本稿では,上述の通り,授業に関する自由記述のアンケート結果を分析対象とする。 今回用いるデータは,田中・山西(印刷中)において報告された,call教室(254名) Help us understand the problem. データを分析するのにExcelを活用する場合、ポイントを押さえて作業することが大切です。基本的な関数を覚えておくことや、分析のポイントを知ることで、効果的に活用できます。Excelを使って行うアンケートの分析について解説します。 アンケートの集計や分析をするには データの … アンケートをして、540人から回答を得ました。中には自由記述の設問があり、 回答ナシの場合は空白のセル、回答してあるときは文章が入力されています。 ↓こんな感じです。 最近Google フォームで作られたアンケートや契約書のステップなど見かけます。とても便利ですね。またこのフォームはCSVにダウンロードでき、管理も容易になります。是非まだ使ってみていない方は、これを読んで活用して見て下さい。 Why not register and get more from Qiita? $D$10:$D$100』は、Dataシート内のセルD10からD100を範囲指定しているという意味です。, 検索条件は、Aggregateシートの集計表にある選択肢の数字を指定しましょう。『’Aggregate’!A3』という具合です。, 『COUNTIF(Data! アンケートのコメント欄のような自然言語を分析して、統計学的な手法を使った考察にもっていくにはどうしたらよいか?無料で使えるテキストマイニングツールを使った方法を説明しました。 どうも!ExploratoryのIkuyaです。 みなさんも自由記述の回答の入ったアンケートを実施することはありませんか。実はこういった回答は読んで終わりではなく、テキストデータとして定量的に分析するための宝の山だったりします。 今日はそんな自由記述の文章を単語に分け、集計、可視化することで、どんな言葉がよく使われているのかを簡単に分析する方法を紹介します。 1. みなさんも自由記述の回答の入ったアンケートを実施することはありませんか。実はこういった回答は読んで終わりではなく、テキストデータとして定量的に分析するための宝の山だったりします。, 今日はそんな自由記述の文章を単語に分け、集計、可視化することで、どんな言葉がよく使われているのかを簡単に分析する方法を紹介します。, ExploratoryはExcel・データベースなど様々なソースからデータの取得が可能ですが、私達もアンケートを取る時によく使う、Googleフォームからも直接データを取ってくることができます。, まずは、Googleフォームで集めた回答結果をGoogle Sheetsにエクスポートします。, 一度Google Sheetsにデータをエクスポートできれば後は、直接データを取得するだけです。, Google Sheetsのデータを直接取得するために、まずは「クラウドアプリケーションデータ」を選択します。, 続いてクラウドアプリケーション・データソースからGoogle Sheetsを選択します。, 次にシートに含まれるワークシートの候補が表示されるので、インポートしたいワークシートを選択します。, するとデータがプレビュー画面に表示されるので「保存」ボタンをクリックして、データをインポートします。, テーブル・ビューに移動するとデータが、以下のように1回答者ごとに1行のデータになっていることが分かります。, 今回は自由記述の項目でどのような単語が多く使われているのかを理解して、セミナーの改善ポイントを探していきます。, 「本セミナーをよりよくするための提案を1つ挙げるとすればなんでしょうか?」という質問の列ヘッダーメニューから「テキストデータの加工(UI)」、「文章の単語化(日本語化)」を選択します。, すると「文章の単語化(日本語)」ダイアログが表示されるので、ストップワードを取り除くに「はい」、ストップワードの言語に「日本語」、ひらがなのみの単語を除くに「2文字以下」を選択し、実行します。, なおストップワードは、あまりに一般的な「は」「の」「です」といった、意味をなさない言葉の総称です。, サマリ・ビューに移動すると、「もっと」、「ほしい」といった言葉が多く使われていることが分かります。, せっかくなので、ストップワードを含むケースも見てみましょう。先ほどのステップに戻って、「文章の単語化(日本語)」のステップの中にある、トークンをクリックします。すると先ほどの「文章の単語化(日本語)」ダイアログが再度表示されるので、今度はストップワードを取り除くに「いいえ」を選択し、実行します。, すると「時間」というtokenが増えていることが分かります。今回はセミナーに関する回答を扱っているので、「時間」という単語が含まれても問題ないと判断し、このまま、可視化まで進んでいきます。, それでは、実際にどのような単語が多く使われているかを可視化していきます。チャート・ビューに移動して、タイプに「ワードクラウド」、単語に「token」、色で分割に「count」を選択します。, これはワードクラウドがデフォルトで「8」回以上、出現した単語を可視化するためです。そこで今回のようにデータが少ない場合は単語の最小頻度を変更します。, すると以下のように単語の出現回数が文字の大きさと色によって可視化されました。どのような単語がよく使われているのかが、直感的にわかるようになりました。, しかし、それぞれの単語の出現回数だけでは、例えば、「デモ」が「ほしい」のか、「時間」が「ほしい」のか、または「事例」が「ほしい」のかがわかりません。, そういった問題に答えるために、よく一緒に使われる単語の組み合わせごとに頻出回数を集計したりするのですが、そちらはパート2で説明します!, Exploratoryでは30日間、無料でトライアルができます。実際に自分達のデータを使って試してみたい方は下記より無料トライアルをご利用ください!, Exploratoryという会社でビジネス開発をしてます。プログラミングなしでデータサイエンスが学べる、データサイエンスブートキャンプ、開催中です。ご興味ある方はぜひ→ https://exploratory.io/training-jp. はじめに 本学では、平成11年から、学部学生による授業評 価アンケートが実施されるようになった。平成16年度 に本学が策定した「国立大学法人宮城教育大学の 自由記載の アンケート 人の手でテキストを集計 人がテキストを読み、 内容を理解し、情報を得る 面接での逐語録 ご自由に お書きください-----今までは 利点:人が理解した意味内容を 分析に反映できる 欠点:大量のデータの分析困難 分析が主観的 5.とても良い 4.良い 3.普通 2.悪い 1.とても悪い 自由記述式(自由に回答を記入する) 1. 平均による分析と相関分析. アンケートの分析手法4:自由記述集計. What is going on with this article? 顧客からアンケートをとることは,顧客ニーズの把握や,顧客からのフィードバックを得る手段として有効です。 アンケートの回答方法には,大きく分けて,以下の2つがあります。 選択式(事前に用意された選択肢の中から回答を選択する) 1. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 今回は、アンケート(自由記述)に対して、テキストマイニング (対応分析)でアプローチしてみました。 細かいニュアンスは一言一句確認する必要がありますが、俯瞰しながら詳細部分を確認できるようになることはとても重要です。 自由記述は、回答形式によって集計方法が異なります。 回答形式は、数値と文章の2種類です。 回答が数値の場合は、平均値、中央値、標準偏差、最小値・最大値を求めます。 アンケートの自由回答、コールセンターやWebサイトなどに寄せられる顧客からのクレームや意見など、我々の身の回りには、放置されている従業員や顧客の 声が存在している。これらは従業員意識調査や顧客満足度調査といった本格的に調査した結果であったとしても、数値データである定量情報はきちんと分析され ているが、自由回答といった定性情報は一通り目を通しておしまい、というケースが多い。 自由回答は、100件程度であれば分析者が一通り目を通し整理す … 循環させる分析プロセスを実践でき、分析者の観点を生かしつつ客観性を両立することが可能である 2) 。 そこでKH Coderを活用して、自由記述による授業評価アンケートの解析と客観化を試みた。 Ⅱ.本研究の目的 本研究では、2つの目的を有する。 Arm IPのほとんどを自由にダウンロードして試せる!?Arm Flexible Accessとは, you can read useful information later efficiently. アンケートの集計作業は非常に骨が折れるものです。集計後はさらに、グラフなどでわかりやすくまとめなくてはいけません。そこで今回は、選択肢形式の単一回答、複数回答の2種類における、Excelの関数を用いた集計方法をご紹介します。 回答に自由記述が含まれていたり、 回答数が1000件あるようなアンケートでは、集計する側の負担が大きくなってしまいます。 単一回答であれば、アンケートをまとめる手間が軽減されるとともに、集計手法を使った分析も可能です。 アンケート結果を活用するには、適切な方法で集計することが重要です。代表的な集計方法について解説するので、アンケート結果の集計に役立てましょう。 アンケートの集計方法についての詳細は、「アンケートの集計はどのように行う?手段や方法についてのまとめ」をご一読ください。 また、アンケート調査における「言葉」の自由記述にはどのようなものがあるでしょうか。あらかじめ決まっている選択肢から選ばせるのではなく、回答者が純粋に想起した自由な意見や感想を集めたい時に用います。 Excel初心者やエクセルが苦手な方でも簡単にできるアンケート集計法について、データ入力のフォームからアンケート集計、アンケート分析用のグラフの作成まで、28枚の画像を使用して分かりやすくご紹介いたします。実際に大企業で会社員として勤務していた頃に使っていたアンケート … エクセルで単一回答を集計する方法を実際の画面を見ながら紹介します。 今回は次のアンケートを集計していきましょう。 まず、エクセルを開いてデータをまとめる表と回答を入力します。 キーワード: 授業評価アンケート、自由記述、可視化、計量テキスト分析、テキストマイニング 1. 実施したお客様アンケートなどを、データ入力から集計、グラフ化して分析する場合、入力や集計方法、社内体制づくりなど、事前に綿密に計画を立てる必要があります。エクセルを利用した正確に集計する方法や、効率的に作業を進めるコツなどを紹介します。 こちらでは、情報収集に役立つ「アンケート」に関する情報をまとめました。今すぐ使えるテンプレートやアンケートを作る手順・コツ、無料で利用できる作成ツールなどをご紹介していますので、アンケート作成にお悩みの方はぜひご覧ください。 しかし 自由記述式では基本的に集計ができない ので、それを使ってどう判断するのかという点が難しくなります。 ただ、最近では テキストマイニング という方法で自由記述の回答を分析することもできます。 アンケート調査では質問の回答形式(選択回答や自由回答など)によって特性は大きく異なる為、それらの特性、及び集計分析方法まで見通したアンケートの作成が求められます。回答形式の種類、各回答形式の特性、そして自由回答における効率の良い集計方法を解説していきます。 ○○の△△についてお伺いさせてください 1.1. $D$10:$D$100, ‘Aggregate’!A3)』と入力できたら、カウントの結果が表示されます。ほかの選択肢もセルをコピーして記入しましょう。, 『SUM関数』と『INDEX関数』を組み合わせて使うと、複数回答の集計ができます。複数回答の集計でも、まずはデータと集計表を別々のシートに作成しましょう。, データ入力のポイントは、選択肢ごとに列を作ることです。それぞれの欄には、選択されている場合に『1』を、されていない場合は『0』を記入します。, 『INDEX関数』で指定した範囲の『1』を『SUM関数』で合計することで、その選択肢を選んだ人数が分かるのです。, 関数は、集計表に『SUM(INDEX(参照, 行番号, 列番号))』という形式で入力します。例えば『SUM(INDEX(Data!$C$5:$C$55,0, ‘Aggregate’!B4))』という具合です。, この例だと、参照範囲はDataシートのC5からC55です。列番号はAggregateシートのB4で指定していて、行番号が『0』なので列全てをカウントするという意味になります。, エクセルのフォーム作成については、「エクセルのフォーム作成機能を使ってみよう。基本操作や作成例」をご一読ください。, 集計結果をもとに、役立つ分析をするには、データの正確性が大切です。回答の扱いが間違っていてデータに誤りがあった、グラフや表の見せ方で誤解を生みやすくなっていたという状態にならないようにしましょう。, アンケートで回収した回答は、全て使えるとは限りません。未記入や判読不能といった理由で、回答としてカウントできないものもあるのです。, ほかにも、アンケートの目的によっては、さまざまな理由で、有効回答として扱えないものが出てきます。まずは有効回答の基準をはっきりさせて、回答を有効回答・無効回答に分類することが大切です。, 本来は無効回答になるはずのものを含めて集計していると、集計結果も分析結果も誤った内容になってしまう可能性があります。, 無効回答は母数から引かなければいけません。そのため、まずは有効回答の条件・基準を明確にしましょう。, グラフや表を1つの単位のみで作っていると、データの読み間違えにつながります。表面上同じ数値に見えたとしても、性質が全く違うということがあるからです。, 度数とパーセンテージの違いは分かりやすい例といえます。同じ10人でも、10人中10人なら100%ですが、100人中10人なら10%です。, 人数のみで表やグラフを作ってしまうと、パーセンテージの違いに気づきにくくなります。すると、アンケート結果とは違った分析結果を導いてしまいかねないのです。, 集計方法については、「アンケートの集計はどのように行う?手段や方法についてのまとめ」をご一読ください。, データはグラフや表の種類によって見え方が全く違ってきます。集計方法や質問形式に合ったグラフ・表を選びましょう。, 単純集計で単一回答のアンケートなら『円グラフ』『帯グラフ』が向いています。複数回答なら『折れ線グラフ』『棒グラフ』がよいでしょう。, また、クロス集計で単一回答の場合は『帯グラフ』が適しています。複数回答なら『折れ線グラフ』と『棒グラフ』の組み合わせを使うのが最適です。, グラフや表は、適したものをうまく使うと、視覚的に集計結果を伝えられる便利なツールになります。一方、適した組み合わせを無視すると、データをうまく読み解けませんので注意が必要です。, グラフの作り方については、「アンケート集計をグラフ化して分析。Excelを用いた方法のまとめ」をご一読ください。, アンケート結果を集計したら分析をします。分析にも主な手法や、スムーズに行うためのポイントがあるので、ポイントを押さえて役立つ分析をしましょう。, 分析するときには、まず全体像を掴みます。それから、細かな部分をとらえていきましょう。いきなり細部を見ようとすると、全体の傾向を無視してしまいます。, 単純集計で大まかな傾向を調べ、クロス集計や自由記述で詳細を探り、最後にそれぞれを照らし合わせるという順に進めるとよいでしょう。, 集計結果は信頼できる正しい情報でなければ、どんなに分析しても役立てられません。そこで、『有意性があるデータ』かどうかを考える必要があります。有意性があるというのは、アンケート結果が偶然の産物ではなく、信頼できるものだ、という意味です。, 代表性というのは、アンケートの対象者が、全体の代表になっているかどうかです。女性に向けてのアンケートなのに、男性の回答者が一定数以上いる場合、代表とはいえないでしょう。, 標本サイズは回答者の数です。数が少ないほど偏りが大きくなり、信頼できるデータではなくなります。そのため、できるだけ回答者が多いことが大切です。, 集計と分析の結果、アンケート結果の結論を導き出していきます。そのときに考慮すべきなのが『因果関係』と『相関関係』です。, 因果関係は原因と結果の関係になっています。相関関係は2つ以上の要素が連動しますが、原因はほかのところにある関係です。, 例えば、アンケートの集計結果だけを見ると、マフラーが売れるとホットコーヒーが売れる、という関係があったとします。しかし、これだけでは両者に因果関係があるとはいえません。第3の要因である寒さが原因の相関関係とも考えられるからです。, 集計結果から導かれる関係が因果関係なのか相関関係なのか、よく分析して結論を導き出す必要があります。, アンケートの分析についての詳細は「アンケートは分析までが大切。集計や分析の手法とポイント」をご一読ください。, 分析の手法として、Excelの相関係数で、相互の関連を調べるという方法があります。相関係数の求め方や、活用方法について解説するので、分析の参考にしてください。, 相関係数は相互の関連の強さを数値で表します。数値が大きいほど関連性が高いといえます。この数値を使えば、新商品開発で顧客満足度を高めるために、どの機能の性能を重点的にあげていくべきか、といったことを分析できるのです。, 相関係数を表示するには、まず下記の手順でExcelの分析ツールを使えるようにしましょう。, 相関係数を求めたら、散布図も作成しましょう。すると、相関関係を視覚的にとらえられるようになります。, 散布図を作成するには、各項目の相関係数と満足度の平均を表にまとめましょう。表の相関係数と満足度のセル範囲を選択したら、挿入タブから散布図を選択すれば表示されます。, 散布図を分析に活用するには、相関係数と満足度の平均に線を引き、4つのエリアに分けてください。, 新商品開発の例であれば、4つのエリアはそれぞれ、最優先改善エリア・改善エリア・重点維持エリア・現状維持エリア、になります。商品開発でどこに重点的に力を入れていけばよいかが分かるのです。, Excelを使用すると、アンケートの分析ができます。COUNTIF関数やSUM関数など代表的な関数を覚えれば、単純集計やクロス集計など主な集計が可能です。, こうして求めた集計結果は、全体から細部に向かって分析しましょう。相関関係と因果関係の違いにも注意が必要です。, 〒107-0051東京都港区赤坂 2丁目9番11号オリックス赤坂2丁目ビル(受付2F), パイプドビッツ(pipedbits)はパイプドHDのグループ企業です(届け出電気通信業者A-1304621). 前述したように、クロス集計は、アンケートの結果を性別や年代別などの属性ごとに集計する方法です。 アンケート結果を属性ごとに集計することによって詳しく分析し、より効果的な戦略を立てることが可能となります。 クロス集計のメリットは、性別や年代別といった属性ごとの特徴を知ることができるということ。 アンケートの結果が、実施前に予測していた結果と違った場合、戦略を立て … データを分析するのにExcelを活用する場合、ポイントを押さえて作業することが大切です。基本的な関数を覚えておくことや、分析のポイントを知ることで、効果的に活用できます。Excelを使って行うアンケートの分析について解説します。, データの集計や分析をする方法はさまざまです。ここでは、専門的な知識がなくても使いやすい、Excelやアンケートツールについて紹介します。, 集計の仕方として代表的なものに『単純集計』と『クロス集計』があります。中でもクロス集計は代表的な手法です。, 集計をするときに特に知っておきたいのは、クロス集計をするときに使える『COUNTIFS関数』です。選択範囲から、指定した複数の条件を満たす対象だけをカウントできます。, エクセルのフォーム機能については、「エクセルの入力が簡単になるフォーム機能とは?ツールバー表示方法など解説」をご一読ください。, 簡単なステップでアンケートを作成できるツールには、回答結果を集計したり、グラフを作成したりする機能が含まれているものもあります。, Web上で回答してもらう方式なので、入力の手間もかかりません。回答がリアルタイムで反映される仕組みになっているツールもあります。そのため、スピーディーにアンケートを集計し、活用できるのです。, 代表的な関数を覚えておくと、アンケートの集計をExcelでできるようになります。集計に便利な関数と、単一回答・複数回答の集計方法を解説するので、Excelを利用する際の参考にしましょう。, 集計でよく使う関数は限られています。まずはどのような関数があるのか、代表的なものを覚えましょう。, 『COUNTIF関数』は指定した範囲内にある条件を満たしたセルをカウントします。単一回答の集計に便利な関数です。, 『COUNTIFS関数』は検索条件を複数指定できるのが特徴といえます。そのため、クロス集計をするのに役立つ関数です。, 『SUMIF関数』や『SUMIFS関数』も、知っていると役立ちます。条件に該当するデータを合計する関数です。, Excelで単一回答を集計するには、先に紹介した『COUNTIF関数』を使用しましょう。, 単一回答の選択肢には数字が振ってあります。それぞれの数字をカウントすれば、単一回答の結果をまとめられるというわけです。, まずは、Dataシートにデータの入力を、Aggregateシートに集計表を作成します。関数を入力するのは集計表です。『COUNTIF(範囲, 検索条件)』という形式で入力しましょう。, 範囲は、Dataシート内のセルを指定します。『Data! ○○の△△についてお伺いさせてくださいご自由にお書きください。 この2つの回答方法には… Part2:アンケートでよく出現する単語の組み合わせを調べる - Link ピボットテーブルとはExcelに備わっている機能の一つで、関数や難しい数式を使わなくても簡単に大量のデータを集計・比較・分析することが可能です。この記事では「名前は聞いたことがあるけど詳しい使い方を知らない」という方のために、ピボットテーブルの特徴や使い方をご紹介 … ビジネス、とくにマーケティングで広く活用されてる統計学は、エクセルを使えば、誰でも手軽に処理することができます。この記事では、代表的な統計処理を、エクセルの分析ツール、または関数を用いる方法に分けてご紹介します。 一方,自由記述意見の分析ではアンケート調査の自由回答の集計に関して様々な試みがなされ ている。 大井等4)は回答内容を単語レベルに分解し,近傍法によって解析する自由連想法による調 アンケートの自由記述の項目の集計の仕方についての質問です。今、学校の卒業研究の作業の一つとしてアンケートの結果を集計をしているのですが、自由に意見を書いてもらう項目を効率よく集計(解析? )する方法がわからず困っています。例えば、「Q:この町が好きな理由は何で … アンケートを集計、分析するならば必ずグラフを作成する技術は必ず身に付けるべきだと言えるでしょう。社内外に向けた資料や、プレゼンのスライドにおいても、アンケート結果を効果的にグラフ化できれば、より情報に説得力を持たせることができます。 エクセルにはt検定を行うための関数が備わっているため、関数を使えばあっという間にt検定ができます。覚えた知識を実践的に身に付けるために自分で検定をしたい!という方も多いのではないでしょうか。この記事では、関数だけでなく、エクセルで便利にt検定を行う方法をご紹介し … 「テキストマイニング」とは、自然言語解析などの手法を用いて、大量のテキストデータから付加価値の高い「知見」を探し出す技術である。人間が使用する一般的な文章データについて、文章を単語レベルに分割し解析することで「有益な情報」や「傾向」を取り出すことを目的とする。 アンケートを現場で活用するためには、調査結果の分析が必要不可欠です。本記事ではアンケート調査における「分析」の手法について、基本の考え方からおすすめのツールまでを解説します。アンケートの分析に課題を感じるなら、ぜひチェックしてみてください。 q エクセル(2007)自由記述のまとめかた.