(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 権謀術数には長けるが軍事には疎い呂不韋(りょふい)の四柱の一人として、軍事面の頭脳となって活躍した昌平君(しょうへいくん)は、歴史に登場する実在の人物です。しかし、元々が楚の公子として秦へは人質のような形でやってきた彼は色々複雑、そこで「はじめての三国志」では、昌平君の能力と今後を推理します。, 趙の三大天、李牧(りぼく)の主導した五カ国合従軍、五十万の大軍に秦が絶体絶命の窮地にある時、秦が生き残る可能性について、必死に模索したのが昌平君です。, 同じく、四柱の一人、蔡沢(さいたく)の計略で斉を合従軍から離脱させる事は出来たもののそれでも敵軍は50万の大軍なので、昌平君は同じく丞相の昌文(しょうぶん)君や、軍師達と巨大な盤上で徹夜で戦略を練っていました。, その間、相国(しょうこく)という秦では最高のポストにいたボスの呂不韋には、まるで存在感がなく他人事でした。秦が滅んだら、今度は合従軍に取り入ろうとする素振りまで見せています。この様子から昌平君は、単純に呂不韋の駒ではないと直感した人も多かったでしょう。, 呂不韋が、淫乱な秦国皇太后を満足させる為に送り込んだ偽宦官、嫪毐(ろうあい)によりついに太后は懐妊し男児を産みます。これは、秦国に新たな戦乱を巻きおこす前兆になりました。事態を一気に清算すべく、太后は合従軍戦で疲弊して財政難に喘ぐ秦に多額の金銭援助を申し出る代わりに、毐国(あいこく)という半独立国の建設を承認させ、秦王政の加冠の儀の隙を突いてクーデターを決行します。, 太后は、実子の政を殺し、嫪毐との間の子を秦王につけようと動きだしたのです、悲しい・・政にとっては身を裂かれるような悲しい戦争になりました。この時、呂不韋は全てを知りながら、知らぬふりをしますが、昌平君は、迷わず秦王政の側についてクーデターを鎮圧します。ここで、昌平君は呂不韋を見限り、秦王政を選んだのです。物事に拘らない呂不韋ですが、この時ばかりは表情を険しくしています。それだけ昌平君を失う事が痛手だったのでしょう。, 結局、呂不韋は毐国の成立に深く関わっていた事がバレ失脚します。逆に昌平君は、その功績が評価され、秦国の軍事面を引き続き担当する事になるのです。, 昌平君は、その知略では、李牧にも匹敵すると言われています。彼は人材を好み、秦に軍師学校を開いて、多くの人材を教えました。, その中には、蒙毅(もうき)や河了貂(かりょうてん)もいます。昌平君の軍師学校があったから、飛信隊は軍師、河了貂を得て、勝利を重ねているわけですから、信にとっても、昌平君は恩人です。, また、昌平君個人の武力もかなりのもので、少年時代には、あの蒙武よりも武力で上回りました。現在でも毐国によるクーデターに参加した少数民族の猛将ワテギを自ら葬るなど、武勇は衰えてはいないようです。, そんな秦にとっては頼もしい昌平君ですが、史実は彼の悲しい最後を記録しています。史実の昌平君は、幼い頃に秦の人質として楚から送り込まれた公子でした。, その楚を秦が滅ぼした時、昌平君は、楚の大将軍、項燕(こうえん)の要請に乗り、秦から逃亡して楚に赴き、自ら即位して楚を復活させます。しかし、王翦(おうせん)・蒙武によって滅ぼされ死んでしまうのです。キングダムは史実を無視しないので、必ず昌平君は秦に背き楚に走る事になるでしょう。, それは紀元前223年、今のキングダムの14年後の事ですが、その時、幼馴染の蒙武はどのような対応をするのでしょう。そして、河了貂は恩師の死をどのように受け止めるのか?, 関連記事:キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密, はじめての三国志は「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした歴史エンタメメディアです。(®登録商標:第5800679号). キングダムは史実を無視しないので、必ず昌平君は秦に背き楚に走る事になるでしょう。 それは紀元前223年、今のキングダムの14年後の事ですが、その時、幼馴染の蒙武はどのような対応をするのでしょう。 漂:主人公信の幼馴染、と秦王嬴政がうり二つの為、昌文君に見いだされ、影武者として士官するも、王弟の反乱により王の身代わりになり「天下の大将軍になる」という志半ばで死んでしまう。 秦王嬴政:幼き頃の秦の始皇帝。王弟の反乱により、王都を追われてしまう。影武者の漂の活躍� 何のために昌文君死んだとか嘘言ってんの? と謎だらけの人物でしたが ( ※ 詳しくは本編の過去記事をご参照ください ) 、 映画では、冒頭で信が小さい頃に出会った ( 偶然見た )" 何かスゲー大将軍 " という登場を済ませているおかげで、誰なんやコイツ感は無かったと思います。 不詳; 脚注. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 秦が魏の山陽を攻略し、東郡と名前を変えた事で秦が中華統一に本格的に乗り出す事を確信した李牧は、楚の春申君と密談します。, 平和をこよなく愛する李牧は、秦が中華統一に乗り出す前に、秦を滅ぼさねばならなかったのです。, 同じく秦の山陽攻略で秦の思惑に気づいた春申君と共に、合従軍についての話をしたのです。, 春申君は本名を黄歇といい、紀元前273年に秦と楚の和平の証として、後の考烈王である完太子と共に秦に入る事になります。, 紀元前264年に当時の楚王である頃襄王が病に倒れると、黄歇は密かに太子完を楚に帰します。, キングダムではそこまでは描かれていませんが、今後間違いなく関係してくる血筋かと思われます。, 春申君は戦国四君と呼ばれ、3千人もの食客を抱えているだけあって、高貴な出で立ちをしています。, 楚将である臨武君が戦死した時は、「ハゲがしくじったか・・・」と死者を冒瀆する始末。, しかし、李牧同様に秦の狙いにいち早く気づき、合従軍結成に踏み切った事からも、冷静に先を見通す能力にも長けていたのではないでしょうか。, 春申君がキングダムで初めて登場したのは、李牧と密談をしているのを、信が目撃した時です。, この時の密談の内容は間違いなく合従軍絡みだったはずですが、この時は敵味方全員が「楚趙同盟」の為の密談と思っていました。, 楚趙同盟どころではなく、六国で手を組む合従軍結成についての話だったのですから、そう表現したのでしょう。, これは戦国四君の一人である春申君が総大将であれば、誰もが六国は平等だと納得するだろうという考えでした。, 春申君は合従軍戦以降には目立った活躍はありませんでしたし、李牧が歴史にまとも登場したのは、合従軍以降になりますので、関わりがあったのかどうかは定かではありません。, 合従軍の武の象徴であった汗明が蒙武に討たれ、媧燐の別働隊での奇襲も王翦に阻まれ、李牧の南道攻略も蕞で飛信隊や政に阻まれてしまい、合従軍の敗北は決定的となります。, 秦を大いに苦しめ、国の名誉を守った呉鳳明と媧燐は、帰国した後は出世が待っていました。, 2人とは対象的に、王翦に完膚なきまでに叩きのめされ、全く活躍出来なかったオルドは、恐らくは何らかの降格なり、待遇が悪くなるなどの処罰があったはずです。, 詳しくは描かれていませんが、燕国内においてオルドを押していた大臣らが、泥を被る形となり、王宮が荒れていると李牧に報告がありましたね。, そして、合従軍の総大将を努めた春申君は、楚王からの信用を失ってしまい、王宮から離れた来虎という田舎都市に左遷されてしまうのです。, 合従軍の総大将を努めた国の王としては面目丸つぶれですから、全ての怒りをぶつけられたって感じでしょうね。, 合従軍の敗戦から3年後、秦では政が長年に渡る呂不韋との戦いを制し、秦の実権を手に入れます。, これは山の軍勢が完全に秦と手を組んだというのを列国に知らしめた形となり、秦を除いた六国に衝撃をあたえました。, 戦国四君の一人であり、長年楚の宰相を務め上げてきた春申君の暗殺劇は、楚国内だけでなく列国にも衝撃をあたえました。, 李園は何故自分の才能を買ってくれ、食客に加えてくれた主人である春申君を殺害したのでしょうか?, 3人は身ごもった李環を考烈王の妻として嫁がせ、生まれてくる子供を次の王にしようとしたのです。, しかしこの計画が明るみになれば、李園はもちろんですが、妹の李環も処罰されてしまうでしょう。, 紀元前238年、考烈王が病死すると、その葬儀に向かう途中の棘門で、李園の刺客に従者もろとも殺されてしまうのでした。, 少し違うのは、春申君が王弟に王位を継がせるべき、と言ったのではなく、事の露見を恐れた李園が春申君を暗殺したと記録にはあります。, それと李園は野心家で、自分が要職に就く為に妊娠した妹を、子供のいない(実は考烈王には子供が複数人という説もある。その内の一人が昌平君)考烈王に差し出したとあります。, 部下の臨武君のみならず、初めて会った各国の総大将達に平気で「俺はお前らのケツを蹴って回る役についただけだ」とかなりの上から目線で自分の立場を説明しています。, 李牧が合従軍を起こした経緯を説明しましたが、あまり頭がかんばしくなさそうなwオルドが「何とも複雑な話であるな・・・」とあまり理解できないでいると、「どこがだバカ!単純明快だろバカ!」・・・2回もw, 臨武君が騰に討たれた時は「ハゲがしくじったか」と全く悲しむ素振りはありませんでした。, かなり冷酷な人間に思えますが、李牧同様に秦の「山陽の一手」の意図をいち早く気づきます。, 李園を甘く見たのか、よほど信用していたのかは定かではありませんが、詰めが甘かったのは否めませんね。, しかし、長年大国楚をまとめ上げていたその手腕と、合従軍の総大将を任された統率力は確かなものだったのではないでしょうか。. 死んだと思われた昌文君は生きていました。 政と再会し涙する昌文君に対し、信は漂の死の怒りをぶつけようと剣を振り上げます。 しかしその手は、副官・壁に止められました。 そして壁は、漂の最期について語るのでした。 史記』(司馬遷) 登場作品. キングダム ジャンル ... 現在は冷静でポーカーフェイスを崩さないが、昌文君 や信のことを信頼している。発想が柔軟かつ大胆な賢人ながら武芸にも長けている。 王都奪還の際、中華統一を公言、成人して正式に王となるために呂不韋陣営と政争を繰り広げる。 合従軍編では思考停止に陥る上 昌平君なのですが、昌平君というのは、本名ではありません。役職みたいなものだと思ってもらえばと思います。 ○○君などは、死後に呼ばれる事も多いようですが、昌平君の場合は当時から名乗っていたようです。 尚、昌平君の由来に対しては、「昌平」という地を与えられていたから、昌平君という説もありますし、「昌」という地か「平」という地を封土として与えられていて昌平君を名乗ったなど、様々な説があります。 昌平君の本名に関しては、熊啓という説があります。「十七年丞相啓状戈」と … キングダムに登場する昌平君。昌平君は呂不韋四柱の1人でしたが、現在は 政陣営へ加わり軍の総司令官という立場にいる人物です。今回はそんな、昌平君の戦闘能力&弱点について詳しくまとめましたのでぜひご覧ください。 まんが人気考究. スポンサーリンク 史料. 『キングダム』のかっこいいイケメンの人気キャラ・登場人物ランキング第13位は、『昌文君(しょうぶんくん)』です。昌文君(しょうぶんくん)は、政傘下筆頭家臣であり、周囲に高く評価される熟練の将軍です。かつては王騎が一目置いていたほど、注目されている人物です。 愛称は「白老」昌文君が蒙驁を「極めて凡庸な将軍」と評するように、定石通りの常套戦術で堅実に勝ちを収めていました。 凡将の蒙鷲が戦功をあげていたのは二人の極めて優秀な武将・桓騎と王 翦が副将として支えていたからでもありました。 この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていない ... 『睡虎地秦簡』によると、楚の国人たちに昌文君を楚王に擁立する動向があったと記されている。 子女. ある日、漂は王都の大臣・昌文君によって召し上げられ、2人は別々の道を歩むことに。王宮ではクーデターが勃発し、漂は致命傷を負うが、信のもとにたどり着く。 <出典>キングダム 公式サイト. キングダム (漫画) 秦国および秦朝相国、丞相; 相国: 樛斿 • 張儀 • 楽池 • � 昌平君 【右丞相(呂氏四柱)】文武に優れた秦軍の総司令 さらに詳しく; 蒙武 【大将軍(呂氏四柱)】次世代の秦国を担う秦軍最強の猛将 さらに詳しく; 蔡沢 【文官(呂氏四柱)】秦に長く仕える外交のプロフェッショナル; 李斯 【文官(呂氏四柱)】厳格なる法の番人; 蒙毅 【文官】軍師を志す貂の兄� 漂(ひょう)は戦争で身寄りを無くして戦争孤児となり、里典の下で十年以上も奴隷として働いていました。 年齢は正確に書かれていませんが、信と同年齢だと思われるため、15歳かと思われます。 漂は食事、家事、内職のどれに関しても出来がよく、里典の中でも評判が良かったようです。 と、里典の子供である侑が言っています。 この子が侑ですね。 かなり信頼が厚かったことが伺えます。 死んだと思われた昌文君は生存していた。政と再会し、涙する昌文君に対し、信は漂の死の怒りをぶつけようと剣を振り上げる。ところが、その手は副官・壁に止められる。そして壁は漂の最期について語 … こんにちは、アユムです。キングダム第2巻は、避暑地に着いた信たちが追っ手であるムタと戦うシーンから始まります。そして、山の民に協力を求めに行くのがメインのお話です。じつを言うと、この2巻目は決定的な見どころというか、見せ場的なシーンはありま そして春申君もまた、秦を滅ぼさねばならないと感じていました。 春申君 は ... なんと 昌文君 は楚の王族だった のです! そして 昌平君は人質時代の考烈王の子供で、昌文君とは親戚にあたる のです。 キングダムではそこまでは描かれていませんが、今後間違いなく関係してくる血筋かと思� 本作の主人公。戦災孤児の少年。兄弟のような存在である漂とともに、大将軍になる� 死んだはずの漂がなぜー。 キャスト 信(しん) 山﨑賢人. 昌文君は、「龐煖(ほうけん)は趙の武将、いや武将ではない。武将のように人を率いる類の人間でなく、完全なる個。もっとおぞましく、純粋に、「武の結晶」だ。9年前の、ばよう(馬陽)攻防の際、六将の一人である摎(きょう)を討ったのが、その龐煖(ほうけん)である」と言う。 ビジュアル最高じゃないですか! 漂信と腕を磨き合う漂は凛々しいし何より信といる時は楽しそう。 えい政は王として色んなものを背負ってるし、腹違いの弟・成きょうとの確執、悲しい生い立ちなど、たぶん昌文君以外は誰も信頼してない。 ネタバレはここをクリック. 2巻の内容を最初にまとめると・・ 嬴政を追ってきた刺客のムタと戦い、勝利する信。 その後、昌文君と兵士達が来てやっと合流出来る。 漂が命を落とした脱出劇の経緯もここで語られる。 王宮には敵しかいないような状況の中、嬴政は山の民に会いに 行く事を決意。 【キングダム】合従軍を指揮した春申君(しゅうしんくん)!楚国が生まれ変わるために狙われた!?春申君の悲しい最期とは?, 春申君は本名を黄歇といい、紀元前273年に秦と楚の和平の証として、後の考烈王である完太子と共に秦に入る事になります, 李牧同様に秦の狙いにいち早く気づき、合従軍結成に踏み切った事からも、冷静に先を見通す能力にも長けていた, これは戦国四君の一人である春申君が総大将であれば、誰もが六国は平等だと納得するだろうという考え, 秦を大いに苦しめ、国の名誉を守った呉鳳明と媧燐は、帰国した後は出世が待っていました, 合従軍の総大将を努めた春申君は、楚王からの信用を失ってしまい、王宮から離れた来虎という田舎都市に左遷されてしまう, 3人は身ごもった李環を考烈王の妻として嫁がせ、生まれてくる子供を次の王にしようとした, 考烈王が病死すると、その葬儀に向かう途中の棘門で、李園の刺客に従者もろとも殺されてしまう, 少し違うのは、春申君が王弟に王位を継がせるべき、と言ったのではなく、事の露見を恐れた李園が春申君を暗殺したと記録にはあります, 【キングダム】合従軍から抜けた斉!戦争はただのお金稼ぎ!?斉国が参戦しなかった理由とは?, 【キングダム】合従軍に無能な将軍がいる!?見かけ倒しの残念なキャラをまとめてみた!, 【呪術廻戦】吉野順平の悲しい末路!真人との出会いが始まり?順平を追い込んだ本当の相手とは?, 【鬼滅の刃】お館様の早すぎる死!鬼殺隊のためなら手段を選ばない!?産屋敷耀哉の驚くべき最期とは?, 【呪術廻戦】作者の芥見下々先生が最終回を暴露!?男性なのに女性だと噂された原因は?作品に対する苦悩とは?, 【鬼滅の刃】神崎アオイと伊之助の関係がもどかしい!嫁候補ナンバーワン?隊士を陰で支えるアオイの魅力とは?, 【鬼滅の刃】鬼殺隊で死亡したのはだれ!?涙が止まらない最期!命を落とした鬼殺隊メンバーまとめ!, 最新ネタバレ『鬼滅の刃』201-202話!衝撃の展開!炭治郎が鬼化!!義勇が取った行動とは?, 最新ネタバレ『鬼滅の刃』204-205話!最後の戦いから三か月・・そして時代は現代へ!?, 【ダイの大冒険】未解決の伏線と謎まとめ!次回作を想定した最終回?アニメで伏線が回収される!?, 最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』294-295話!考察!It’s Showtime!命をかけたコンプレストの脱出劇!!, 【ダイの大冒険】チェスの駒から生まれたハドラー親衛隊!メンバーの顔ぶれは?ほかのチェスの駒は?. 昌文君は里典の家に漂を身請けに来て、明日から王宮で働くと言う。漂は信も同等の力があるので、一緒に王宮で働くように願うが、叶えられなかった。その夜、漂は信に「行き着く場所は同じだ」と言い、二人ともいつか大将軍になる約束をして、最後の稽古をする。 Copyright ©  はじめての三国志 All rights reserved. 昌文君が離脱した後、漂は隊を率いる事になりました。 その時、下僕だった少年が王になったという描写がありました。 初めての戦場で、一軍を率いる なんてそんじょそこらの人には出来ない事をやってのける 男気 を持っていたんですね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 漫画ネタバレ感想ブログ.All Rights Reserved. キングダムは、週刊ヤングジャンプの超人気漫画で、2012年にアニメ化、2019年には映画化と、現在も人気の熱は冷めないまま、絶賛連載中です。そんなキングダムの主人公の李信(りしん)の秦国の軍総司令官である「昌平君(しょうへいくん)」は、軍略に長け、武勇も持ち合わせていま … ( 少年時代の蒙武と昌文君 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第658話 ) さてさてここからどうやって寿胡王は切り抜けるのか…? って、さすがに想像不可能だったり。 鳳明と白麗は彼の事を“大軍師 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1.