Osmo Mobile 2の電源がオ フになっている場合は、電源/ モードボタンを1 回押すと充電を開始します。 Osmo Mobile 2自体の充電中は、スマートフォンを充電することはできません。 Osmo Mobile 2の充電中は、USBポートをスマートフォンに接続しないでください。 4. ¨ã¨ã—てosmo mobile 3はどのように扱え、どういった人に向いているかに焦点を当てています。 ここで簡単にosmo mobile 3のおさらいを。 osmo mobile 3は、軽量で折りたたみができ、煩わしいセッティングを必要としないスマホ用ジンバルです。 スマホ用電動ジンバル「osmo mobile 3」レポート OM 4やOsmo Mobile 3には4つのフォローモードとスポーツモードがあります フォローモードは上で紹介した「パン」「チルト」「ロール」の設定が異なり、撮影用途にあった最適な制御をジンバルが行えるようになります。 標準セットの中身は、 本体; 収納用の袋 Osmo Mobile 3は、5°C以下または45°C以上の環境で他のデバイスを充電することはできません。 2. 充電電流が1 Aを超えると、Osmo Mobile 3は端末の充電を停止します。 Impress Corporation. 時代だったが、goproに思い切りぶつけてきたのがosmo … Osmo Mobile 3は使いやすく、フォローモード中は、スマートフォンを手を使って手動で調整できま す。 DJI Mimoアプリで利用できるストーリーモード、ActiveTrackTM3.0、ハイパーラプス、タイムラ プス、パノラマなどの機能を使って創造性を発揮しましょう。 ジンバル(またはスタビライザー)というものは、グリップにアームがついていて、アームの先にカメラやスマホをセットして動画を撮影する機械です。 自撮り棒と違うのは、アームの関節部分にモーターが入っていて、カメラやスマホの姿勢を制御するところですね。 撮影時に、歩いたり、腕を動かした時でも、瞬時にアームが姿勢を制御して、ブレないスムーズな映像を撮ることができます。 OSMO mobile 3は、OSMOが提供するスマホ用のカメラスタビライザーです。 簡単に言えば、機械的に手振れを抑え、滑らかな動画や写真を撮影できる自撮り棒、とでもいえばいいでしょうか。 2018年12月に超小型三軸電動ジンバルカメラ「OSMO Pocket」が発売、ポケットに入ってしまう程のサイズでありながらスムーズな4K動画撮影が可能とあってガジェット好きの間では大きな話題となった。, 2019年7月にはレンズ交換式カメラ用のRONINシリーズから、ミラーレスカメラに最適な「RONIN-SC」が発売された。プロレベルの映像撮影が可能となる電動ジンバルが小型軽量化され、映像プロダクションだけでなくYouTuberなどでも導入しやすくなった。, その一方で、スマートフォンのカメラが高性能化してきたのであればそれを使わない手はない。2016年にスマートフォンをセットして使用する電動ジンバルOSMO MOBILEが発売され、それまではただ「ブレない」と言うだけだった印象のスマホ用ジンバルが専用アプリとの連携で一気に多機能になった。, そして新たに登場したのが「OSMO MOBILE 3」だ。名前からも分かる通りOSMO MOBILEシリーズの三代目となる製品であり、着実な進化を遂げている。まずはその特長から見ていこう。, 最大の特長はアームが折り畳めてコンパクトに持ち運べる様になったこと。日常的に持ち歩くスマートフォンのカメラを使用するということで、ジンバル本体が持ち運びにくかったら活躍の場も限られてしまう。, OSMOシリーズとしては初の折り畳み型ではあるが、実は最近の電動ジンバルは各社コンパクトに持ち運べることを売りにしている製品が多い。そんな中でもOSMO MOBILE 3は単にコンパクトになるというだけでなく軽量かつ低価格であり、ライトユーザーも導入しやすくなった。公式オンラインストアでは単体が1万3,500円、ミニ三脚とケースが付属したコンボが1万5,660円(ともに税込/送料無料)。, さらに様々な機能を利用できる専用スマホアプリが、前機種OSMO MOBILE 2まで使用されていた「DJI GO」から、OSMO PocketやOSMO Actionで使用されている「DJI Mimo」に一本化された。このため機能や操作感はOSMO Pocketとほぼ同等である。, ユーザーからすると超小型なカメラ一体型のOSMO Pocketか、手軽にスマホカメラを利用するOSMO MOBILE 3かと言う選択ができるようになった。, 購入してから実際に使用する前に専用スマホアプリ「DJI Mimo」からアクティベーション作業が必要となる。単に購入してきて電源を入れただけでは起動すらしない(正確に言うと電源は入るがジンバルが動作しない)。, アクティベーションが済んだらスマートフォンをOSMO MOBILE 3本体のホルダー部にセット。その際に厳密なバランス調整は必要ないが、ある程度左右のバランスが取れる位置に固定しないとジンバルへの負担が大きくなるので注意が必要だ。, アームを手動で展開して電源を入れたらポートレートモード(縦位置)で起動する。デフォルトがポートレートモードというのはSNS中心のライトユーザーを意識したものであろう。Mボタンを2度押すとランドスケープモードに切り替わるのだが、個人的には起動の度にこの作業をしなければならないのはとても面倒だ。, グリップは初代OSMOからあまり変わりなく非常に持ちやすい。長時間使用していても疲れにくいし、何より安定して撮影できる。手元のボタン類で殆どの操作ができてしまう操作性の良さもOSMOシリーズとして代を重ねてきたDJIならでは。, 基本的な移動撮影は概ね良好だが、若干上下動が気になる。このパンフォローモードはパン(横方向)だけでなく、チルト(縦方向)もフォローしてしまうので、上下動の吸収は他社製品よりも若干気を使う。チルトのみロックできるモードがあると、持ち手を工夫すれば上下動の吸収もしやすくなるのだ。, ズームも手元で操作できるが、対応しているのはデジタルズームのみである。4K撮影してフルHDで使用するのであれば使えなくもない。, OSMO PocketやRONIN-SCではトリガーボタンを3回引くとカメラがクルッと180度回転するが、OSMO MOBILE 3ではスマートフォンがアウトカメラからインカメラに切り替わる。スマートフォンはアウトカメラよりもインカメラの方が性能が低い機種が多いので、今回の作例でもかなり画質が変わってしまった。当然画質や画角などは使用するスマートフォンによって変わってくる訳で、よりカメラ性能の高い製品が欲しくなってしまう。, またあまり大きなものでなければ、クリップ型のワイコンやLEDライトなどの各種スマートフォン用アクセサリーも使用可能だ。, 電動ジンバルは移動撮影に目が行きがちだが、三脚とビデオ雲台を使ったようなスムーズなパニングにも威力を発揮する。スポーツモードにすると素早いフォローが可能となり、動きの速い被写体を追いかける際などに有効。ロックモードを使用するとちょっとしたクレーンショットの様な表現もできる。, 底面に三脚ネジがあり固定して使用することも可能。軽量なので自立型の一脚でも固定できた。このように周辺の装備もコンパクトにできるのは嬉しい。, 狙った被写体を自動追従するActiveTrackも健在。ただし普通の顔を追従させてしまうと上部に変な空間ができてしまう。トラッキングマーカーを首(顎髭?)の辺りに持っていくとより自然なアングルになった。, タイムラプス撮影も、通常のアングル固定の撮影、設定した軌道を自動でパンするモーションラプス、滑らかに高速移動したようなハイパーラプスに対応。ActiveTrackと合わせて使用しても面白い。, この他にもFPVモードやスローモーション、パノラマ写真撮影。用意されたプリセットから指定された秒数の数カットを撮影するだけで自動的にエフェクト付きで編集してくれるStoryモードなど、多彩な映像表現が可能となる。, 数日間使用してみたが、バッテリーの持ちは非常に良い。本体とスマートフォンをUSBケーブルで接続すれば外部バッテリーとしても使用でき、タイムラプスなどの長時間撮影時にも安心だ。またアーム形状が変わったことでスマートフォン底面に直接アクセスできるので、外部マイクの接続も容易になった。, スマートフォン用の電動ジンバルとしての基本機能は十分。専用アプリも洗練されているので非常に使いやすい。何よりコンパクトに持ち運べるようになったことで使用する機会も多くなるだろう。, これでDJIの電動ジンバルは用途に合わせて選べるようになった。 携帯性を重視するならOSMO Pocket。とにかくポケットや鞄の隙間に入ってしまうので常に持ち歩ける。, 画質を優先するならRONIN-SC。レンズ交換式カメラの高画質と安定性は抜群。しかしどちらも特定の目的があるユーザー向けであろう。, OSMO MOBILE 3は今や誰もが持ち歩いているスマートフォンをカメラとして利用することで、とにかく導入コストを抑えられるのが魅力。, スマートフォンのカメラ性能もどんどん向上し、SNSへの動画投稿サービスも多岐に渡っている。, デジタル・コンテンツ・デザイナー/パノラマ写真家。1999年にフリーランスとして独立。テレビ/映画/ゲームなど幅広い分野の映像制作を手がけ、現在はYouTuber、動画レポーターとしても活動中。. 【Osmo Mobile 3】ジンバルモードは3種類 - YouTube All rights reserved. LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH. 最安価格(税込):37,979円 店頭参考価格帯:38,578円~38,578円 価格.com売れ筋ランキング:84位 満足度レビュー:4.35(43人) クチコミ:1282件 (※12月8日時点) . 価格は『標準セット』が13,500円。 『コンボ』でも15,660円と非常にリーズナブルな設定になっています。 . ドローンメーカーとして躍進を遂げてきた「DJI」から、スマートフォン用ジンバルの「Osmo Mobile 3」が発表されました。 ガジェット好きにはたまらないヌルサクの動画撮影モデルです。 <Osmo Mobile 3> 私は初代モデルから購入しておりますが、前モデルの「Osmo Mobile 2」は1万円台後半と … 『Osmo Mobile 3』と同じように『ATOM』もアームを折りたたむことができます。 . ョンカメラ以上の力を発揮します。 Osmo Mobile 3は防水には対応していませんが、防水機能が必要ないのであれば 価格が約1万円とお得 です。 発売に先だち、レビューのために1週間じっくり使わせていただきました。 DJIからスマートフォン用ジンバル「Osmo Mobile 3」が発表されました。 今回のジンバルは、 折りたたみ式でコンパクト! しかも、欲しい性能が全部詰まってて、なおかつ 低価格でコスパ良し と大注目のアイテムです。. 追記終わり。 スマホ用の3軸ジンバル、しかもDJI製というボス来た感 ョンカメラやドローンにも興味津々の私は、dji製品にしました。 Osmo Mobile でスマホ4K動画をヌルヌルさせちゃうぞ! * prasm. 動するのだ。 ... 基本的に使用するのは「パンフォローモード」で、移動しながら撮影するような場合も多くはこのモードだ。 まずは歩いたり走ったりしてみた。 Copyright ©2018Impress Corporation. ・「トン・トン・トン」と3回押すとカメラの前後切り替え 4.アプリ・フォローモードの「パンフォロー、チルトロック、FPV」って何? Osmo 3 は初心者におすすめのジンバルだが、モードを間違えて思ったような画を撮れないことも多々あるようだ。 DJI OSMO Mobile3の使い方と撮影の仕方について初心者の方にも分かりやすく解説していきます。オズモモバイルスリーを購入したけど、何から始めたら良いか分からない!という時の参考にしてください。OSMO Mobile3が熱くなる・ガクつく原因や対策についても説明していきます。 . そして、テストしました。 すっごいピタピタ!スマホ用動画安定化装置 Osmo Mobile の実力すごかったわ * prasm. 3. Osmo Mobile 3 is a foldable, lightweight, and portable 3-axis gimbal designed for smartphones. This handheld gimbal features multiple intelligent functions including Story mode and Gesture Control, allowing you to record any special moment. 定価は¥19,800ですが、実売価格は¥15,000前後です(2019å¹´9月現在)。 『Osmo Mobile 3』の¥13,600よりも少し高めですが、『ATOM』のほうが付属品や機能も充実していますね。 . OSMO mobile 3 Comboを開封してみよう. ”はじめてのジンバル” となる僕が、撮影をはじめる前にやるべきルーティーンを学習した。ここでは、初心者ならではの視点で、DJI OSMO MOBILE 3 の撮影を開始する前に行う重要なポイントを5つのTipsとしてまとめてみる。, ”バッテリーの減りが早い”、“OSMO Mobile3本体が熱くなる”  、といったトラブルを回避するために、本体の電源を入れる前にバランス調整するのがお約束の儀式。, 本体(Osmo mobile 3) の電源がオフの状態で、Mボタンを一回押すとバッテリー残量が確認できる。, アクティブトラックは常用したい機能だ。これは指定した被写体を自動で追いかける機能になる。 Osmo Mobileは被写体の速度に合わせて動きを調整してくれる。, ・この機能を利用するには、あらかじめスマホアプリ”DJI MIMO”の設定の中から「ワンプッシュアクティブトラック:オンオフ」をONにしておく必要がある, ・トリガーボタンをトンと1回押すとアクティブトラックのオンになり、被写体を自動追尾してくれる。これは超便利。, ・Osmo Mobile 3のトリガーボタンを1回押すと、緑の枠が画面上に表れ、被写体追尾機能の「ActiveTrack」がONになる(もう一回、押すと解除), ・「ツー」と長押ししたままだと、ジンバルはロックモード状態。ジンバルは手の動きをフォローしない。トリガーボタンを離すとロックモードは解除される。, ・「トン・ツー」と1回押して次に長押するとジンバルの動きがスピーディになるスポーツモード, Osmo 3 は初心者におすすめのジンバルだが、モードを間違えて思ったような画を撮れないことも多々あるようだ。, それぞれのモードの特性を知り、練習を繰り返せばスムーズな画、面白いアングルの画、スピード感のある画などを自由自在に撮ることができる。, ・パン(横方向)フォローモード: 水平を保ちつつ左右に動かせる。上下の角度も動かせる。恐らく、メインで使用頻度が高そうなモード, ・チルト(縦方向)ロックモード: 水平を保ちつつ左右に動かせる。上下の角度調整はロックされる。, ・FPVモード: 一人称視点(First Person View)の略。前後左右、本体を向けた方向にカメラが向いてくれる。つまり、普通のカメラと同じように撮影できる手の動きに滑らかに追随してくれるのがこのモード。水平も上下角度調整もロックされない。, ブレを抑えるカメラスタビライザーを使いこなすためには、独自のウォーキングスタイルを実践する必要があります。今回は、#DJI #Osmo / #OsmoMobile ユーザーの方々に、「Osmoウォーキング」の紹介映像をお届けします。 pic.twitter.com/zbQGHEfEWP. https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/1204408.html Osmo Mobile 3は、DJI初の折りたたみ式ジンバルです。スマートフォンで映画のように流麗な映像を残せる理想の環境が手に入ります。今回のブログでは、Osmo Mobile 3を今すぐ使い始める方法をご紹介 … . Osmo Mobile 3の搭載可能重量は200±30g、サイズは対角で180mm以下となっている。 今回はiPhone XRを使用しているが、これは対角160mmだ。 「ヌルヌル動画」という言葉を聞いたことがあるだろうか? ジンバル(スタビライザー)を使用したスムーズに流れるような移動映像を表現した言葉である。それをスマートフォンのカメラで手軽に撮影できてしまうのが、今、ガジェット好きの間で話題沸騰中のアイテム「Osmo Mobile 3」だ。 いつものスマホ+1万3500円で「ヌルヌル動画」が撮影できる! DJI、折り畳めるようになったスマホ用スタビライザー「OSMO MOBILE 3」. Osmo Mobile 3で他のデバイスを充電している場合、Osmo Mobile 3を充電することは推奨しません。 注: 1. ナリオによってジンバルモードの設定を変える方法は知らない―そんな初心者も多いことでしょう。 . 【Osmo Mobile 3】開封 『Osmo Mobile 3 』は『標準セット』と『コンボ』の2種類が販売されています。 . All rights reserved.