JUIDA認定スクール「ドローンスクールNDMC」は、無人航空機産業の健全な発展のために、無人航空機運航上の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行います。, 無人航空機操縦技能及び安全運行管理者養成講座の合格者には修了証が発行されJUIDAへ登録することによりライセンス証が発行されます。, スクール事業>スクール紹介「受講申し込みはこちら」ボタンを押下し、必要事項を入力し送信ください。, ご登録アドレス宛に「受講受付書」が届きます。記載内容をご確認の上、指定口座に受講料をお振込みください。, 注1)JUIDA証明証申請は修了日から 3ヶ月以内に申請からお振込みまでの手続きを完了していただくようお願い致します。期限を過ぎた場合は申請資格が失効してしまいますのでご注意ください。, 注2)JUIDA証明証申請にかかる費用は、「ドローンスクールNDMC」受講料には含みません。, ② 身分証(免許証・保険証・住民基本台帳カード・在留カードのいずれか)の写し(jpg 容量制限 2MB), JUIDA証明証申請はこちらから https://uas-japan.org/joinus/, 2017年6月1日、国土交通省は「無人航空機の講習団体及び管理団体」について、航空局HPへの掲載を開始しました。 同HPに掲載された講習団体の講習を修了した場合、無人航空機に係る上記飛行許可申請を行う際に、無人航空機の操縦の知識や能力に関する確認(書類)を簡略化することができます。 福島県郡山市に本社を置くホームページ制作を主とした総合制作会社。福島県産品通販事業、空中ドローン、水中ドローン事業、各種デザイン、web制作、アクセス解析、seo・sem対策、・通販サイト構築など展開。東京都台東区上野に拠点もあります。 スクール事業 岐阜県ドローン協会が運営するドローンスクールとは? 〇国土交通省の示す飛行マニュアルに沿った講習を基本に、業務運用でも使用できる 講習を行っております。 (株)nhtuでは栃木県宇都宮市に於いてドローンの操縦スクールを運営しております。JUIDA,DJI CAMP,農薬散布 (株)nhtuでは栃木県宇都宮市を拠点に茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、東京都内などのお客様にドローン事業とカーラピング事業のサービスを展開しております。 ドローンスクール事業Drone School ドローンの飛行には正しい知識と確かな操縦技術が求められます。 弊社は国土交通省HP掲載講習団体であるアジアドローンカレッジ(略称ADC)湘南藤沢校として講習を行っております。 農薬散布ドローン教習担当教官 . Copyright DRONE SHOOL GO all rights reserved. 「株式会社nhtu」は栃木県宇都宮市にて、ドローンの操縦技術を学べるスクール事業や、 ドローンの免許・資格取得支援を展開。ドローンを活用してお客様のビジネスの発展を お手伝い致します。 ドローンに関する主な資格には、ドローンスクールが独自に認定する、次のようなものがあります。 ドローン検定 無人航空従事者試験ともいわれ、ドローン大学校のカリキュラムを修了し、所定の手続きを踏むことで、資格を得ることができます。 当ドローンスクールでは、航空局HPに掲載の講習団体で、juida(一般社団法人日本uas産業振興協議会)認定コースの他、株式会社djiとその会社が運営するutc(ドローンの産業パイロット訓練機関)の教育プログラムを実施しております。 juida認定ドローン資格(操縦技能証明書、安全運航管理者証明書)が取得できる。初心者・女性でも安心のドローン資格講習。首都圏から通いやすい千葉県市原市・千葉市で開催のドローンスクールです。 All Right Reserved. © copyright NDMC CO.,LTD. 加盟団体:一般社団法人 日本uas事業振興協議 … 国内で製造、販売、または「日本の空を飛行するすべてのドローン」を包括できる組織を目指しています。安全に運用しながら社会実装するために、様々な利活用を進め無限の可能性と価値を共有するために設立されました。 1.asahiドローンスクール大阪校はビジネス利用にも通用するスクール! ドローン事業に参入しようと考えた時に、ドローンがどんなものなのか触れてみて、ご自分で実際に操縦してみようとされる方も多いかと思います。 スクール事業 の紹介ページです。日本dmc株式会社(ndmc)は無人航空機の専門コンサルタントとしてuas活用の業務拡大。uas関連機器の研究開発、技術者育成を考えたスクール運営で空間技術の精度向上と安全にuasを活用できる社会基盤創りを目指しています。 ドローン操縦士を育成するドローンスクールが次々とオープンしています。今回は日本全国のドローンスクール(開校予定含む)を北から南まで一挙公開。学校選びの参考にしてください。 ドローンは「無限の可能性を秘めている」と言われています。ドローン単体のみならず、さまざまな技術を組み合わせることで、人間がこれまでなし得なかったような複雑な作業、高度な作業、危険な作業なども容易にこなせてしまうからです。 今後、ドローンを使った画期的なビジネスモデルが続々と登場することが予想されますが、ここでは、現段階で現実的かつ実用的、そして将来性も見込めるドローンのビジネスモデルをご紹介したいと思います。 ドローンスクールで操縦資格を取得する際、要件を満たせば厚生労働省の人材開発支援助成金が支給されます。この助成金制度について解説し、申請するための条件や助成額の計算法やケーススタディ、申請の手続き方法などを紹介します。 ドローンスクールに通って、ドローンの資格を取得したからといってドローンはどこでも飛ばしていいわけではありません。 ドローンの許可申請が必要な場合と不要な場合の具体例は下の記事で紹介してい … ※ドローンスクールNDMCはJUIDAの管理する(下記図パターン2)の講習団体であり、当スクールの修了証でJUIDA認定 無人航空機操縦技能者証、無人航空機安全運航管理者証の発行申請手続きが可能です。, 当スクールでは航空法第132条に係る下記の飛行形態につきまして、全9項目のうち物件投下を除く「8項目」について飛行許可承認手続きの書類を簡略化できるライセンス証を取得できます。, JUIDA認定 ドローンスクールNDMCでは、静岡県浜松市、静岡県静岡市、長野県伊那市、大分県日田市にてドローンスクールを開催しており、受講者の居住地と日程に合わせて開催校を選択することが可能です。, 飛行許可承認手続きの際、無人航空機の運用経験(飛行経歴10時間以上)が必要になります。 ドローンスクールNDMCでは未経験者から既に無人航空機を運用している方に合わせて2つのコースをご用意しております。. ドローン事業はこれからが本番!事例から参入に必要なものまで解説|ドローンスクールゴーは、新たなビジネスとして注目されているドローンの操縦士として、活躍するための第一歩を応援します。日本全国のスクール情報を掲載し、エリアやコースを選んでスクールが探せます。 「つくる、くらすを支える」株式会社ホーエイではjuida認定のドローンスクールsoravivaを開講。"本当にドローンを活用出来る実践的なスクール"として、趣味や実際の現場で安全に飛行させるための知識と技術を習得できます。様々な分野で活用できる技術を学んでみませんか。 自分が鳥になって空を飛んでいるかのように撮影できるドローンは、YouTubeでも人気になりつつあります。, ドローン操縦士とはその名の通り、ドローンを操縦する人達のことです。ドローンを使えば人が立ち入れない場所での撮影・測量・調査など今後活用の幅が広がっていくと考えられています。そのため、多くの企業がドローンを使ったビジネスに参入しつつあります。それにあたって、これから多くのドローン操縦士を必要と言われているのです。, SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト. 福井県内の農業法人に務め、2018年~2020年にかけ、3年間で福井県内だけでなく、県外でも行わせて頂き、3年間で1000町以上をドローンで農薬散布を行っております。 ドローンはどんどん普及しており、私たちの身近なものとなりつつあります。テレビの映像でも「あっ!これはドローンで撮影した映像だ!」とわかることもあるのではないでしょうか。また、家電量販店などでも、ドローンコーナーが設置されるほどの人気となっています。, 普及に伴って「ドローンをビジネスにいかしてみよう」と、考えはじめた方もなかにはいるでしょう。そこで、ドローンで事業をはじめたい方やビジネスに活用したいと考えている方に向けて、ドローンの将来性や事業事例などをご紹介します。コラムを参考に、ドローンをビジネスに活用してみませんか。, ドローン事業に興味のある方のなかには「ドローンって将来性があるのだろうか?」と疑問を抱いている方もいるでしょう。そこで、まずはドローンを取り巻く状況と将来性をお話しします。, 現在、日本のドローン市場は拡大を続けており、2016年には350億円程度であったのが2017年には500億円を突破しました。勢いは続いており、2020年以降は1,000億円を超えると予想されています。市場規模からもわかるように、将来的にもドローンは普及が広がっていくでしょう。, また、日本ではGDP600兆円到達を目標にしており、その達成の一翼を担うものとしてドローンが期待されています。目標達成に向けた重要プロジェクトのひとつに、ドローンの活用が含まれているのです。, ドローンを本格的に事業で活用するため、2018年に「空の産業革命に向けたロードマップ」が定められました。段階的にドローン技術や環境整備などを調整して、2020年以降には目視外で人の頭上を飛行したいとしているのです。最終的には、人口が集中している都心でのドローン配送や警備を実施していく方針となっています。, 市場規模や日本政府の方針からもわかるように、ドローンは将来的に活用の用途が広がっていくことが予想できます。環境や技術が整えば、配送や警備などでもドローンが利用されていくでしょう。, 配送や警備などは、ドローン技術や環境が整っていけばはじまる事業です。しかし、すでに事業にドローンを活用している事例もあります。そこで、代表的なドローン事業をいくつかご紹介します。, ドローンが活躍している仕事として、すぐに思い浮かぶのが空撮ではないでしょうか。ドローン空撮は、今までではヘリコプターなどで撮影していたような映像を簡単に撮影できます。今までにないアングルでの映像は、見る側に新鮮さを与えてくれるでしょう。ただし、空撮事業に関しては、操縦士が飽和状態に近いので、新たに事業としてはじめるのは難しいかもしれません。, ドローンの事業への参入は、農業から始まったといわれることがあります。農業では農薬散布や種まきなどにドローンが活用されています。従来の方法に比べて、コストカットや効率的に作業できるというメリットがあるようです。, また、空撮を活用すれば、農作物の管理を映像からデータとして見える化された状態で確認できます。そのため、新たに農業をはじめるときにも品質や収穫管理が容易になるのです。, 測量分野でもドローンは活用されています。従来の測量では、測量機器を使って計測し、それを図面などに反映させていました。その後、パソコン上にデータとして管理するので、一連の工程にとても時間がかかっていたのです。, しかし、ドローンを活用すれば、空撮によって一度の測量で広い範囲を計測でき、時間短縮を図れます。また、映像をもとにデータで管理でき、調査や解析などの工程が簡潔におこなえるので、作業員の負担や手間が軽減できるでしょう。, 太陽光パネルの点検にドローンが使われています。また、ダムや橋などのインフラ設備の点検にもドローンが利用されているのです。点検業務によっては、高所作業になるため、作業者が危険にさらされます。, また、点検用の足場を準備しなければいけないので、費用もかさむのです。ドローンを使えば危険回避もできますし、足場の費用も必要なくなります。, ドローンの事業をはじめる前に、準備しておくべきことがいくつかあります。機体本体を準備することはもちろんですが、事業の方針を明確化しておくことが重要です。たとえば、現在おこなっている事業にドローンを取り入れるのか、それとも新たにドローン事業をはじめるのか、などです。, 現在おこなっている事業であれば、事業方針を新たに決める必要はありません。しかし、新たにドローン事業を始めるのであれば、事業方針を決めておかなければ、必要な準備ができないことがあるでしょう。事業が各家庭の外壁調査や塗装などの場合、現場調査にドローンを活用するといった明確な方針が必要です。, 家の所在地が都心部などであれば、国土交通省へ許可申請をしなければいけません。なぜなら、都心部は航空法で飛行を原則として禁止しているエリアだからです。そのため、都心部で飛ばせるよう、事前に許可申請の手続き方法を勉強しておくことが必要になるでしょう。このように、方針を決めておくと準備すべきことがわかってきます。, ほかにも、準備すべきことにはドローンを操縦できるようになることやドローンに関連した法律を勉強することもあります。とくに、さきほど触れた航空法などの基本的な要点はおさえておきましょう。こちらの「ドローン飛行のルールを総括!代表的なルールから細かなルールまで」でも解説しておりますので、参考にしてみてください。, ドローン事業をはじめるときに気になる点には「資格が必要?」という点もあるのではないでしょうか。結論としては、ドローン事業に資格は絶対に必要ということはありません。ただし、状況によっては資格が必要になります。, ビジネスで利用する産業用ドローンなどの本格機種は、機体本体とコントローラー(プロポ)との間で5GHz帯の強力な電波を利用します。5GHz帯の強力な電波が必要なドローンを扱うためには、無線技士の資格が必要です。とくにビジネスで利用する場合は「陸上特殊無線技士資格」の取得が必須になります。, また、必要不可欠な資格ではありませんが「ドローン資格」を取得しておくとよいでしょう。ドローン資格は、自身の技量を示せる唯一の証明になります。ビジネスでドローンを活用するのであれば、資格を持っていることで顧客に安心感を与えることができ、仕事の受注に関係するかもしれません。, さらに、ドローン資格を持っていると都心部などの飛行時に必要な国土交通省への許可申請で役立ちます。申請時に資格を添付できるほか、手続きで必要な書類の一部が免除になる場合があります。仕事の効率化にもつながるので、持っておいて損はないでしょう。, ドローン資格は、資格発行団体が認定しているドローンスクールで取得可能です。スクールには、メリットもあります。申請手続きに有利な資格が取得できるだけでなく、手続き方法についても学べますし、必要な操縦技術や法律知識などもまとめて勉強できるのです。詳しくは「ドローンの資格は役立つの?現在活躍している仕事と将来性について」で解説しています。よろしければ、あわせてお読みください。, ドローンは、将来的にも活躍が期待されています。日本政府も推進しており、今後ますます利用が増えていくでしょう。そのため、本格始動する前の今がドローン事業をはじめるチャンスかもしれません。, コラムでご紹介した事例を参考に、事業方針を考えてみるのもよいのではないでしょうか。ただし、事業をはじめるのであれば方針を明確化しておきましょう。方針を明確化しておくことで準備すべきことが見えてきます。, また、必要であればドローン資格や無線技士資格を取得しましょう。ドローン資格は、ドローンスクールで取得することができます。さらに、スクールにはビジネス向けの専用コースなどもあるので、有効に活用してみてください。スクールを活用して、便利でこれからも期待されているドローンで事業を始めてみましょう。, ドローンという言葉を聞くことが増えてきましたが、実際はドローンとはどのようなものなのかを知っている方は少ないと思います。写真や映像を見たときに、ラジコンに似ていると思った方もいらっしゃるでしょう。 大きく2つの事業を行なっております。 一つは、スクール事業として国土交通省講習団体ekdドローンスクールの運営(スクール&トレーニングシステム)。もう一つは、ドローン事業(実証実験、もしくは、操作が可能なスタッフ派遣に伴う事業。)です。 東京・足立区を中心に活動する経験豊富な人材が集まるドローン専門会社です。空撮、インフラ点検、スクールから企業様のドローン導入に関する全てのことにも迅速・丁寧に対応!ドローンに関することは何でもお気軽にご相談くださいませ。 5名様以上から特別団体割引を受け付けます。お見積もり致しますので事務局までお問い合わせ下さい。, 当スクールはATTIモード(GPS援用無)での操縦訓練時間を多く取っております。GPSが補足できない状況でも期待を安全に移動・着陸できるように訓練します。, 国交省の承認が必要な飛行訓練(目視外等)を実施する為、屋内施設にて講習を行います。卒業後、不定期的に開催される広大な施設でのフライト練習に参加できます。, NDMC 修了証は「JUIDA認定操縦技能証、安全運航管理者証」の申請に必要です。. ドローンによる工場やビル、橋梁、鉄塔などの建築物の点検、太陽光パネルの赤外線カメラによる点検撮影、建築前の新築ホテル、マンションの景観撮影。ゴルフ場やイベントなどの動画撮影、編集などを行っております。ドローンスクールの運営も行っております。 事業:小型航空機(ドローン)操縦スクール、申請代行、調査・撮影、イベント、ドローン関連事業の企画・開発・運営、その他ドローン運用に関する事業. 実はドローンはラジコンとは違った性能があり、まったく別物なのです。今後使用することが増えていくといわれているドローンについて説明いたします。, ドローンは小型カメラが付いたラジコンのような機械です。手元のモニターで撮影した映像を確認しながら、自由に飛ばせるドローンにあこがれる方は多いことでしょう。 ドローンに興味がある、操縦してみたいと思った時に、やはり気になるのはドローンのスクールですよね。 費用はかかりますが、その分無駄な時間を短縮でき、資格取得などもできる点は魅力的です。 &nbs […] ドローン事業部. タジマ建設では、ドローンスクール事業ならびドローンの空撮サービスを展開しております。フライト技術だけではなく、高度な専門技術が学べる実践的なカリキュラムを取り揃えておりま … 北陸グリーンサポートドローンスクール代表. ドローン空撮などによるドローン活用によって、ドローン産業の健全な発展を願っています。プロクルーロボティクスは国交省・航空局から無人航空機の飛行許可を得ており、日本全国どこでもドローン空 …