(出典)総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告」(2019年)を基に作成 「20~24歳」 流入超過:6都府県 (東京都、神奈川県、大阪府、 愛知県、千葉県、埼玉県) 流出超過:41道府県 59,936 26,639 流入超過 流出超過 90,000 60,000 40,000 (人) 33 か。ここで、都市・地方間の人口移動につき、 最近の都市部・地方間の人口移動 主任研究員 木下 茂 (第1表)都道府県別転入・転出超過数 前年比 秋 岡山県 -382 -1,250 -868 (注1)マイナスは転出超過を示す (注2)総務省「住民基本台帳人口移動報告」のデ 1)総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告」によると、全国市区町村間の移動者総数は、第一次石油危 機以降、長期的に減少傾向を示しているが、2003年は8年ぶりに前年を上回るとともに、移動率も … への人口移動は、相対的に良好な雇用機会を求めて引き起こされていることが示唆 された。 以上より、地方の人口減少を食い止めるには、地方の雇用機会を増加させることが 重要である。また、近年の高学歴化により若年層の求める職種が知識集約型にシフ 「住民基本台帳人口移動報告」&総務省統計局' 16 邴遈府県別転入超遃数 &埼玉県分' ヹヹヹ埼玉県と他の邴遈府県との間の 転入ヹ転出超遃数&昭和 29 年|平成 23 年' &人、年' 1958 東京ソロヺ竣工 都道府県別人口移動の最近の状況(住民基本台帳から集計) 平成22(2010)年から令和元(2019)年の島田市の社会動態について、都道府県別に集計し、転入者−転出者超過の割合が大きい道府県を抜粋して 首都圏で年少者(0~14歳)の人口が郊外で増加していることが明らかになりました。総務省から発表された「住民基本台帳 人口移動報告2018年」をもとに、その理由と住宅購入で注目されるエリアを探って … 東京圏に人が居住する大きな理由として就業が挙げられる。 2019. ただし、もし東京の求人減だけが人口流出の原因であるならば、新型コロナが収束すれば、再び東京一極集中に戻るはずである。だが、事態はそう単純ではないと見ている。 2020年9月に東京都から他の道府県へ転出した人口は、全部で3万644人だった。 総務省が29日公表した住民基本台帳人口移動報告によると、8月に東京都から他の道府県に転出した人は3万2,038人、他道府県から転入した人は2万7,524人で、4,514人の「転出超過」となった。 住民基本台帳人口移動報告 平成29年(2017年)結果|総務省; 都道府県別人口増減率一覧。大阪府までが減少する中で、人口増が続く沖縄県|シニアガイド; 東京都の人口は2025年がピーク。都下は2020年から減少が始まる|シニアガイド 資料出所 総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告」をもとに厚生労働省労働政策担当参事官室にて作成 (注) 各期間について、東京都と他道府県との間の転入・転出超過数及び埼玉県、千葉県、神奈川県と他道府県との間の転入・転出 以上の分析を通じて,静岡県における人口移動の特徴を把握するとともに,地域分析の方法論的枠 組みを示すことが本報告の最終的な目標となる。 1.人口移動における地域特性の分析 本節では,47都道府県における人口移動の地域特性を明らかにするための方法論を提示し,静岡県 わが国における人口移動研究は,総務庁統計局に よる① 「住民基本台帳人口移動報告年報」や② 「国 勢調査報告」を用いたものが大部分である。これら の移動統計は,国の機関による全国レベルでの人口 移動を扱ったものであり,石川(1988)も 指摘して 住民基本台帳人口移動報告は、住民基本台帳に基づき、月々の国内における人口移動の状況を明らかにするもので、全国、都道府県、21大都市別の転入・転出者などの移動者数を提供しています。また、年結果では市区町村別の移動者数も提供しています。 住民基本台帳人口移動報告は,住民基本台帳に基づき,国内における人口移動の状況を明らかにするもので, 全国,都道府県,21大都市,市区町村別の転入・転出者などの移動者数を提供しております。 総務省はこのほど、住民基本台帳人口移動報告の2019年結果を公表した。転入超過は東京都、神奈川県、埼玉県、など8都府県、転出超過は広島県、茨城県、長崎県など39道府県となった。2019年の転入超過数を都道府県別に見ると、東京都が8万2982人と最も多く、 住民基本台帳人口移動報告 の都道府県別人口転入超過数をみると、首都圏への一極集中の様相がうかがえる。首都圏1都3県への人口流入超過道府県は、東北地方と新潟県が大多数を占めている。 道府県が対東京圏で転出超の状況にある3。 図表 1 三大都市圏の転入超過数の推移 (出所)総務省「住民基本台帳人口移動報告」(2019年)より作成. 図表3 21大都市別にみた転入超過数(2019年4月、2020年4月) 総務省はこのほど、住民基本台帳人口移動報告の2017年結果を公表した。本稿ではその概要について紹介する。転入超過数を都道府県別に見ると、東京都が7万5498人と最も多い。次いで千葉県(1万6203人)、埼玉県(1万4923人)など前年と同一の7都府県で転入超過となっている。 どのくらいの人が都道府県間で移動するのか?2018年人口移動報告と単身世帯の増加 土地活用ラボでは、大和ハウス工業が所有する各種データを多面的に分析し、土地活用、賃貸物件経営、不動産投資などを検討している皆様のお役にたてるような情報を提供してまいります。 都府県への転出は比較的少なく、東京都への転出は20人となっています。 0 50 100 150 200 250 300 札幌市 旭川市 釧路市 帯広市 北見市 北見市を除く管内の市町村 他の道内市町村 東京都 府県 資料:住民基本台帳人口移動報告 2014年の転出者内訳 0~ 9歳 10~ 19歳 20~ 出典:総務省「住民基本台帳人口移動報告」 ・平成30年の多摩市への転入総数は6,813人、転出総数は6,409人で、404人の転入超過 ・転入・転出ともに近隣の多摩地域が多く、東京都全体で半数を占める 1 住民基本台帳人口移動報告2014 年結果(2015 年2 月・総務省統計局)をご参照。 2 住民基本台帳人口移動報告では、平成26 年以降、外国人を含む移動者によるものと、日本人移動者によるものとの公表 … 1月31日、総務省「住民基本台帳移動報告」の最新データが発表されました。 (住民基本台帳移動報告 年報2019年) 2019年の1年間で、約250万人、総人口の約2%ほどの人が、都道府県を越えて住まいを移 … 図表2 都道県別にみた転入超過数(2019年4月、2020年4月) (注)転入超過数がマイナスの場合は転出超過を示す。 (資料)総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告」より、みずほ総合研究所作成. 東京都住民基本台帳人口移動報告 平成29年 統計データ 以下の表データは、Microsoft Excel(97)形式です。 表ごとにクリックし、ダウンロードしてご利用ください。 られている。しかし、平成26年1月に総務省より公表された「住民基本台帳人口移動報告 平成25年結果」によると、平成25年の滋賀県人口は46年ぶりの転出超過となった。そこ で今回は、滋賀県人口の社会増減について、同報告結果を詳しくみてみたい。 道府県別 対東京圏の転出・転入者数(男女別・2016年) 男女別に見ても、各道府県から東京圏への転出者数が多い道府県ほど、東京圏への転出超 過数が多くなる傾向にある。 (千人) (千人) 7 資料出所:総務省「住民基本台帳人口移動報告」(2016年) 年の東京圏 「住民基本台帳人口移動報告(2018年)」にみる 滋賀県の人口移動状況について 2019(平成31)年2月 ㈱しがぎん経済文化センター 産業・市場調査部:志賀 また、滋賀県への し、 る 1.全国の移動者数 … 総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告」(2017年)より作成 (人) (注)数値には外国人移動者を含む。 「20~24歳」 流入超過:6都府県 (東京都、神奈川県、大阪府、 愛知県、千葉県、埼玉県) 40 流出超過:41道府県 6 80